『進撃の巨人』サシャ・ブラウスの名ゼリフ3選!“芋女”の誇り高き人生…

『進撃の巨人』1巻(諫山創/講談社)

魅力的なキャラが多数登場する『進撃の巨人』の中でも、明るい性格でひときわ読者に愛されているサシャ・ブラウス。しかし、現在放送中のアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)ではサシャの身に壮絶な出来事が生じ、ファンが衝撃を受けている。思い返してみれば、サシャはこれまで劇中で数々のドラマを生んできた。そこで今回は、3つの名ゼリフと共に、彼女の人生を振り返っていこう。

サシャ・ブラウスといえば芋!

■「蒸かした芋です」
まずは、サシャの天真爛漫でユーモラスな一面が存分に発揮されたこのセリフ。物語の初期、エレンたちが訓練兵の入団式に臨んだ際の一言だ。

サシャはあまりに旺盛な食欲から、調理場から「蒸かし芋」を窃盗。しかもピリピリとした緊張感に満ちた入団式の真っ最中、空気を読まずに芋を食べ続けた。その際、キース・シャーディス教官は「サシャ・ブラウス…。貴様が右手に持っているものはなんだ?」と問いかける。

そこでサシャは威圧感をものともせず、「蒸かした芋です! 調理場に丁度頃合いの物があったのでつい!」と胸を張って返答。さらには、キースに芋を分け与えようとする…。

まるでコントのようなシュールな掛け合いは、ファンたちに大きな衝撃を与えたようだ。この一件から、サシャには「芋女」というあだ名が定着していく。一歩間違えればシリアスな世界観をぶち壊すような振る舞いだったが、こうしたユーモアがあってこそ「進撃の巨人」の独特な空気感が生まれたと言えるだろう。

■「大丈夫ですよ…土地を奪還すればまた、牛や羊も飼えますから」
次のセリフは104期生が新兵となった後、「超大型巨人」が襲来する直前のシーンから。サシャたちはエレン・イェーガーの意見によって、巨人と直接戦う「調査兵団」に入団する決意を固めていく。その際に、サシャは上官たちの食糧庫から盗んできた肉を披露。同期から非難の声があがる中、サシャは「大丈夫ですよ…。土地を奪還すればまた、牛や羊も飼えますから」と思わぬ名言を繰り出すのだった。

このセリフには調査兵団に入団し、「巨人から土地を奪還しよう」いう意志が込められている。サシャの一言をきっかけとして、その場にいた仲間たちも肉に手を伸ばすことに。104期生の絆が一気に深まった、作中屈指の名シーンだ。