『ジャンプ』新連載ついに野球を開始!「やっぱ野球シーンあった方が面白い」と期待の声

(C)PIXTA

3月15日発売の『週刊少年ジャンプ』15号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第5話が掲載された。ついに野球をプレーし、読者から歓喜の声があがっている。

同作は、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびによる野球漫画。主人公の捕手・小豆田玉緒は、天才投手・龍堂太央、2人をスカウトした黒滝かりんと『黒龍山高校』野球部で、甲子園を目指す。

第4話では、4番候補の剣義鷹を野球部へ勧誘しにいくことに。おもちゃ屋で働いている剣をスカウトするのだが、彼は「野球をするつもりはない」と断る。しかし、小豆田と龍堂は剣の言葉は〝嘘〟だと断言するのだった。

第5話では、剣が両親の代わりにおもちゃ屋で働いていることが発覚。小豆田と龍堂は勧誘を諦めるのだが、最後に小豆田&龍堂バッテリーと一打席勝負を行う。ここで龍堂と剣の超高校級の実力が明らかに。そしてツーストライクになった場面で次週へと持ち越しとなった。

ついに野球を始めた『クーロン』に期待の声!

第2話~4話にかけて、野球どころかバットやグローブも持たなかった『クーロン』だが、ここへきてやっと野球をプレー。この展開に、読者からは《やっぱ野球シーンあった方が面白いわ》《剣のキャラデザいいな》《新キャラとの対決は面白かった。へらへらしてるバッテリー陣に喝入れるような展開で胸がスッとしちゃったわ》《髪結んだ剣くん迫力あってかっけーじゃん。前回の潔癖症みたいな感じは見てて正直うーんだったが、今回はこれぞ4番打者って感じで良かったわ》《作画が良い仕事してたと思う。剣くんはもちろん、オイラですらカッコよく見えたし、打席勝負も迫力があった》といった期待の声が寄せられていた。

しかし一方で、《入るって分かりきってるのにいつまで引っ張るの…》《野球シーンはいいな。けど早くチーム結成して練習や試合してくれよ。勧誘漫画でアンケートとるのは厳しいだろ》《これで剣くんが入部しないオチだったら笑ってしまう。でも入部するのが分かってるのに、序盤でこんなに話を消費するのはスゴいな…》《ヒロインはキャッチしてることよりも防具してないことに驚けよ》といった否定的な意見も少なくない。

スポーツ漫画不毛の『ジャンプ』から、ついに長期連載されるスポーツ作品が生まれるのだろうか…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】