『シン・エヴァンゲリオン』公式がネタバレ!? 15秒のPVに憤るファン

『新世紀エヴァンゲリオン』1巻(漫画:貞本義行、原作:カラー/KADOKAWA/角川書店)

人気アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズの最新作にして完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。3月8日に封切りとなった同作は、1週間で興行収入33億円という快調な滑り出しを見せている。その一方、公式ツイッターが新たなPVを公開したことをきっかけに、ファンの間では激しい〝ネタバレ論争〟が繰り広げられているようだ。

同作を含む「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」4部作は、1990年代に一世を風靡した『新世紀エヴァンゲリオン』を再構築するというコンセプト。しかし物語は3作目の「Q」で旧作から大きく逸脱し、賛否両論を呼ぶことに。「シン・エヴァ」はそんな問題作の続編だったことから、公開前からピリついた雰囲気が漂っていた。

また、物語が未曽有の領域に突入するということで、ネタバレを徹底的に避けようとするファンも多い。映画の公開直後には情報をシャットアウトするため、SNSどころか〝ネット断ち〟に踏みきる人の姿も見られた。そんな中、問題を引き起こしたのが「エヴァンゲリオン」公式ツイッターが投下した1本のPVだ。

以下では公式PVの内容を紹介しているため、「どんな些細なネタバレも一切目にしたくない」というポリシーの方はここで引き返すことを推奨したい。

過剰すぎる? ネタバレをめぐって巻き起こる議論

3月15日、「エヴァンゲリオン」公式ツイッターは《アヤナミレイ(仮称)の〝仕事〟シーンを解禁」という一文と共に、問題のPVを投稿した。

動画内に映っているのは、緑が豊かな田園のような風景。そこで水田に苗を植えている人が映し出されるのだが、続くカットでそれがアヤナミレイ(仮称)だったことが分かる。彼女はプラグスーツを着用した状態で、汗水を垂らしながら田植えを行っているのだった。

わずか15秒の短い動画だったが、その内容は多くの人に衝撃を与えたようだ。ツイッター上では《エヴァ、公式がネタバレ動画流してくるのはやめてほしい。見終わるまでミュートした》《エヴァ公式自らネタバレっぽい新映像を小出しするのマジやめて》《エヴァ公式ィィィィィ!!! まだ観れてないから本編ネタバレPVやめてぇええええええぇ!》《公式フォローしてないのに噂のエヴァ公式ネタバレ動画流れてきた まだ観てないのに最悪》と嘆く声があがっている。

また、すでに映画を観た人からも《せっかく黙ってたのに公式がバラすんだもんな~。初観の人にはまっさらな状態で見てほしかった》《これ出して大丈夫ですかね? 1週間経ったけど見れてない人いそうだし…》などと、〝ネタバレに配慮すべき〟という意見も見られた。

とはいえ、普通の映画であれば、公開前からある程度の情報が明らかとなっているもの。すでに封切りから1週間が経っていることを思えば、これでもまだ情報量は異常なほどに少ないと言える。

また本当にあらゆる情報を遮断したいのであれば、公開直後に観に行くかSNSから離れることで自衛すべきだろう。公式の判断で「ここまでは解禁してもOK」と判断したのであれば、それをファンがとやかく言うのはナンセンスだ。

そもそも、ネタバレを厳密に禁止することで話題になる機会が減ってしまうリスクもある。もしかすると、公式サイドはそれを防ぐためにこのタイミングでPVを投下したのかもしれない。だとすれば、人々の間でネタバレ論争が起きることすら〝計算の内〟ということになるだろうか…。

文=大上賢一
写真=まいじつエンタ
■『新世紀エヴァンゲリオン』1巻(漫画:貞本義行、原作:カラー/KADOKAWA/角川書店)

【あわせて読みたい】