『かぐや様』早坂愛がかわいすぎる!“初体験”に興味津々で暴走展開も…?

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』21巻(赤坂アカ/集英社)

白銀御行と四宮かぐやという天才たちの恋愛バトルを描いてきた漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』。3月25日発売の『週刊ヤングジャンプ』17号では、ついに〝行為〟にいたった御行とかぐやの心境が明かされた。その中で人気キャラ・早坂愛の初々しい反応が描かれるシーンがあり、ネット上で《かわいすぎる!》と大反響を呼んでいる。

※『かぐや様は告らせたい』最新話の内容に触れています

前回の話で、彼氏である御行の家でお泊りデートしたかぐや。最初こそ一線は越えない…と決意していたものの、気持ちが昂ぶってしまい、結局は行為に及んでしまう。今回の話では、はじめて一線を越えた2人がそれぞれ自分の体験を振り返っていく。

かぐやは大切な友人である早坂を部屋に呼びつけ、御行と一線を越えたことを告白。唐突な事後報告に、早坂は「えっ…本当に…最後まで?」と顔を赤らめる。そして近くにあったかぐやの枕を借りると、そこにギュッと頭をうずめながら足をジタバタと動かしてみせた。

その後、早坂は照れながらも「でも焦らないで行こうって話をしたばかりなんですよね」と質問。するとかぐやは「しょうがないじゃない! なんだか…好きが100になっちゃったんだもの!」「やっぱりキッスの魔力は凄いわ…」と返答してみせる。

自分の知らない世界に行ってしまったかぐやに対して、早坂は終始気圧されている様子。恐る恐る…といった様子で「一応感想聞いていいですか? どうでした?」と尋ねると、かぐやからは「なんかすごかった」とシンプルな答えが返ってくる。それを聞いた早坂は、大きく目を見開きながら「なんかすごいんだ…」とオウム返しするのだった。

いつもと違う一面に胸キュンする読者が続出!

早坂は平常時にはクールビューティーな佇まいだが、恋愛方面の知識は疎く、すぐに赤面してしまう一面がある。今回もかぐやの赤裸々な事後報告を受けて、早坂は終始初々しい反応を見せていた。

そんな彼女のリアクションに、ネット上では悶絶する読者が続出。《かぐやの報告に恥ずかしがる早坂がかわいかった》《早坂がかわいすぎて3回くらい叫んだ 深夜なのに》《早坂がそれはもうかわいらしい反応してくれて余は満足じゃ》《早坂がかわいすぎる。このシーンを花守さんの演技で見たい。何期続けば良いんだ?》といった声が相次いでいる。

ちなみに以前にも、かぐやが御行との関係を早坂に報告するエピソードがあった。第152話にて、かぐやは電話にて「付き合うことになったの…」と早坂に報告。その後8回ほどキッスという単語を出し、「早坂も早くキッスの相手が見つかるといいわね!」と無意識のうちにマウントを取ってしまう。

すると、かぐやの惚気に影響されてしまった早坂は、一緒にいた藤原千花に「書記ちゃんはさぁ…キスって憧れる?」と質問。藤原が「憧れますよ~」「不意打ちで無理やり唇を奪われたいという気持ちも…」と答えると、早坂は突如暴走して彼女に覆いかぶさるのだった。

最新話では、かぐやの事後報告を聞いてかわいらしい反応を見せていた早坂。このままかぐやが惚気続けると、もしかすると第152話のように思わぬところで爆発してしまうかもしれない…。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』21巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】