『ONE PIECE』1008話が胸クソすぎる!“赤鞘九人男”を治療したのは誰…?

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

前回、人気キャラクターの復活が描かれたことで大きな注目を集めていた漫画『ONE PIECE』。3月29日発売の『週刊少年ジャンプ』17号では、その復活の真相をめぐって衝撃の展開が描かれ、ネット上で大きな反響を巻き起こしている。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

カイドウに敗れた後、天守裏・宝物殿にて目覚めた赤鞘九人男のメンバーたち。第1008話『頭山盗賊団棟梁アシュラ童子』は、彼らと20年前に死んだはずの主君・光月おでんとの感動的な再会シーンによって幕を開けた。

思わず目を疑う赤鞘九人男の面々に対して、おでんは豪快に笑いながら「トキの能力で未来へ飛んできた」と説明。打ち損ねたカイドウのもとへ行こう、と仲間たちを鼓舞してみせる。

誰もが大粒の涙を流しながら再会を喜ぶ中、冷静に事態を見守るメンバーも存在した。それが「頭山盗賊団」の棟梁・アシュラ童子だ。現実を見ようとしない錦えもんの前で、アシュラはおでんに一太刀を浴びせるが、そこからは一切出血がない。逆におでんの刀がアシュラの身体を貫いたことで、おでんがニセモノであり、彼らの敵であることが確定してしまう…。

読者たちもおでんの復活を喜んでいただけに、今回の展開にショックを受けた人は多かったようだ。ネット上では《今週のワンピ胸クソ悪すぎて全力で目が覚めたわ》《予想はしてたがはらわた煮えくり返る展開だ》《そこまでするかよ尾田せんせぇ…オニー!》《腹立ち過ぎてジャンプぶん投げてしまうところでした笑 ここまで憎たらしい敵キャラも早々いないでござる》《尾田先生…今回やりすぎだよ。「ひえっ」って声出たわ》といった反響が相次いでいる。

ニセ光月おでんの正体はやっぱりアイツだった!

前回、おでんが再登場した際に、読者の間ではその正体をめぐってさまざまな考察が飛び交っていた。「黒ひげ海賊団」のカタリーナ・デボンによる変身という説、そして「トキトキの実」の能力によって処刑される前の時点からタイムスリップしてきたという説…。マニアックな情報まで総動員されて、さながら推理合戦の様相を呈していた。

しかし今回明らかとなった真相は、「カン十郎の絵」という一番ポピュラーだったもの。かつておでんに仕えていたカン十郎が、自身の能力によって本物そっくりのニセモノを生み出した、ということらしい。

その一方で、赤鞘九人男を襲った〝異変〟にはまだ謎も多い。彼らはカイドウに敗れた後で、何者かによって治療を受けていたのだ。河童の河松はその人物について、「いや…夢だろう」「そんな筈はないしな」と呟いていたが、カン十郎がわざわざ彼らを治療するはずもない。もう1人別の人物が居合わせた、と考えるのが自然だろう。

衝撃の展開が怒涛のように押し寄せる「ワノ国編」。謎めいたストーリーの全貌が明かされるのは、いつになるのだろうか。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】