アニメ『ONE PIECE』超豪華な声優が集結! ロジャー海賊団が歌う「ビンクスの酒」に大反響

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

アニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)の第967話『生涯をかけて!ロジャーの冒険』が、3月28日に放送された。そこでは海賊王のゴール・D・ロジャー率いる「ロジャー海賊団」が〝伝説の名曲〟を歌うシーンが登場し、SNS上で大盛り上がりを見せている。

※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています

前回のエピソードにて、一時的に「ロジャー海賊団」へ出向した「ワノ国」の侍・光月おでん。ひと悶着はあったものの、おでんは「ロジャー海賊団」に快く迎え入れられる。そしておでんたちは、空島やウォーターセブン、魚人島など、「ONE PIECE」読者にとって思い出深い場所を訪れていく。

とくに今回のエピソードで注目を集めているのは、旅に向けた船出のシーンだ。そこで大海原を意気揚々と進む「ロジャー海賊団」の船から、軽快な音楽が流れ出す。そして「ヨホホホー、ヨホホーホー」「ビンクスの酒を届けにゆくよ、海風、気まかせ、波まかせ」と、船員たちが酒を交わしながら「ビンクスの酒」を楽しそうに歌うのだった。

画面には船長のロジャーや副船長のシルバーズ・レイリーはもちろん、少年時代のシャンクスやバギーが歌っている姿も。豪華メンバーによる「ビンクスの酒」は大きな話題を呼び、ツイッター上で曲名がトレンド入りを果たすこととなった。

ファンたちは《俺たちは伝説を観てる…。ロジャー海賊団のビンクスの酒エモすぎる!!》《ビンクスの酒が流れてるー! やばすぎ…》《ホンマにホンマにロジャー海賊団版ビンクスの酒最高! オッサン声オンリーでまた麦わらの一味とは違う味がいい》《ロジャーやレイさんが歌うビンクスの酒に心が震えました》《ビンクスの酒最後まで流れたぁ。今日のワンピース最高すぎた》《神回すぎて永久保存決定しました…ロジャー海賊団のビンクスの酒良かった…》と、その感動を噛みしめていたようだ。

「ロジャー海賊団」バージョンの音源化を望む声

今回「ロジャー海賊団」のメンバーが歌った「ビンクスの酒」とは、作者の尾田栄一郎が作詞した楽曲。同作のファンであれば誰もが知っている、名曲中の名曲だ。2009年にはモンキー・D・ルフィをはじめとした「麦わらの一味」が歌うバージョンにて、CDも発売されている。そんな同曲が地上波で久々に流れただけでなく、伝説の海賊王一行が歌ったとあれば、感動をおさえきれなくなるのも当然だ。

しかも「ロジャー海賊団」の面々は、いずれも豪華声優がキャスティングされている。ロジャー役は、洋画の吹き替えや「アカギ」の鷲巣巌役などで知られる津嘉山正種。また、おでん役の石丸博也、ギャバン役の森川智之といったベテランたちの名前も。楽曲の収録に立ち会った作曲家の田中公平は、《本当に豪華な声優陣でした。お一人お一人がレジェンド》とコメントしていた。

あまりにレアな楽曲に、ファンからは《CD化して欲しいですね!》という声も相次いでいる。名酒のように味わい深い一曲を、じっくり鑑賞できる日が来ることを待ち望みたい。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去のアニメ「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】