『遊戯王』カードに“寿司”登場!「シャリ」の攻撃力2000!「いくら」の数値は…

(C)PIXTA

日本の食文化を代表するソウルフードとして、世界中で人気を集めている「寿司」。そんな寿司がオタク界隈で、密かなムーブメントを巻き起こしつつあるようだ。

現在大きな注目を浴びているのが、「遊戯王OCG デュエルモンスターズ」における寿司の登場。4月17日に発売される最新パック『DAWN OF MAJESTY』にて、新たなテーマとして〝軍艦巻き〟のようなカードが追加されるのだ。

それらのカードは「軍貫」(ぐんかん)シリーズと銘打たれており、「しゃりの軍貫」「いくらの軍貫」「弩級軍貫─いくら型一番艦」などのバリエーションがそろい踏み。いずれも船の軍艦と寿司ネタの軍艦巻きを掛け合わせた見た目となっている。その一方で、罠カードの「きまぐれ軍貫握り」は寿司屋の壁にかかったメニュー表にしか見えないデザインだ。

ステータスは、「しゃりの軍貫」は「攻撃力2000/守備力0」の通常モンスターで、「いくらの軍貫」は「攻撃力200/守備力300」の効果付きモンスター。なぜかイクラがのると弱くなっている。

寿司が追加される理由はとくに明かされておらず、遊戯王OCGのプレイヤーは大困惑。しかし、意外にも軍貫シリーズに期待している人は多いようで、《寿司テーマだけのためにパック剥きたい気持ちが出てしまった》《遊戯王に寿司デッキ来るんですか? ネタ満載で美味しそう…じゃなかった面白そう》という声があがっている。

遊戯王だけじゃない? 特撮にも寿司ブームか

偶然か必然なのか、近頃は特撮でも寿司ネタを扱うことが多い。4月4日の『機界戦隊ゼンカイジャー』(テレビ朝日系)では、「第5カイ『握り握られスシ大会!』」と題したエピソードを放送。番組の予告では、赤いビジュアルが特徴的なゼンカイジュランが「俺は真っ赤な本マグロ」と呟き、白を基調にしたゼンカイザーも「じゃあ俺は純白のシャリ!って何の話?」とノリツッコミ。予告を見ても全く状況がつかめないことから、ファンの間で混乱を巻き起こしていた。

また、昨年9月から放送されている『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系)でも、寿司と大きく関わる話題が。「マスターロゴス」という謎めいたキャラを俳優・相馬圭祐が演じているのだが、彼はかつて『侍戦隊シンケンジャー』で寿司屋の役柄を演じていた。現在でも寿司屋のイメージが強いため、ファンたちが「マスターロゴスの正体が寿司屋だった」と盛り上がっているのだ。

カードゲームから特撮まで縦横無尽に飛び交う寿司ネタに、ネット上では《遊戯王といいゼンカイジャーといい、近い時期に寿司ネタやり出したのは偶然なのか…?》《今あらゆる業界で寿司が熱い》《もしかして4月って寿司強化月間なん?》《遊戯王といい戦隊といい、最近は寿司が流行りなのか?(笑)》とツッコミの声が続出している。

ここまで奇跡的なタイミングが重なるのは、もしかすると何らかの思惑が働いているのかもしれない。世界はこのまま、寿司ネタに覆われてしまうのだろうか…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Pavel Biryukov / PIXTA

【あわせて読みたい】