アニメ『サザエさん』タラオの奇行に波平が暴走…「笑いながら怒ってるデス」

『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で多くの人々から恐れられている存在といえば、元祖カミナリおやじ・磯野波平。しかし4月4日に放送された『タラちゃんプリーズ』というエピソードでは、そんな波平が意外すぎる持ちネタを披露したようだ。

物語は、ある日タラオが英語で犬を躾けるおばさんに遭遇するところから始まる。それからタラオは、家中で「stay」や「house」といった英語を連発するように。タラオは英語を学ぶきっかけとなったおばさんの存在をひた隠しにするのだが、けっきょく家族全員にバレてしまう。

その後、磯野家の食卓では波平の操る〝お父さん語〟が話題にのぼる。カツオは波平の口癖である「バカもーーん!」には場合によって微妙に違いがあると説明し、「笑いながら怒鳴る時もある」とドヤ顔で語る。しかし波平は、「わしはそんな奇妙な真似はせん!」とカツオの発言を一蹴してみせた。

後日、カツオが波平からお説教を受けている時のこと。突如として部屋にタラオが侵入してきて、「sorry…」と英語の謝罪を放つ。これに対して波平が思わず笑ってしまうと、タラオは「おじいちゃん、笑いながら怒ってるデス」とツッコミを入れる。そして波平は、笑顔のままで「バカもーーん!」と怒鳴り散らすのだった。

波平「BACK COME ON」

今回の「笑いながら怒る波平」を見て、俳優・竹中直人の持ちネタ「笑いながら怒る人」を思い出した人は多いようだ。ネット上では《笑いながら怒る人? あっ(察し)》《波平、竹中直人になる…》《笑いながら怒るって、竹中直人かよ!w》《竹中直人以来だな、笑いながら怒るひと》《おじいちゃん往年の竹中直人みたいデス》などの反響が起こっていた。

さらに、聖域かと思われた波平の口癖がネタにされたことを喜ぶ人も。ネット上では「バカもーーん!」は英語の「BACK COME ON」に聞こえることでお馴染み。カツオが波平を正面からイジったことで、《波平語ことBACK COME ONもネタにされてしまう》《BACK COME ON!!はお父さん語じゃなくて英語だろ》《笑いながらのBACK COME ON!オチ、最高だな》といった声が上がっている。

言語をめぐるシュールなドタバタ劇が繰り広げられた、今回のエピソード。いつかは作中最大のミステリー「イクラ語」の謎にも踏み込んでほしいものだ。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

◆過去のアニメ「サザエさん」レビューはこちら

【あわせて読みたい】