『ウマ娘』との共通点も!?『みどりのマキバオー』のモデルになった名馬たち

(C)PIXTA

ここ最近、実在の競走馬をモデルとしたゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が大ヒットを記録している。同作をきっかけとして、歴代の名馬たちに関心をもつ人も増えているようだ。

とはいえ、競馬をモチーフとした作品はなにも「ウマ娘」だけではない。1990年代に連載された競馬漫画『みどりのマキバオー』も、競走馬をモチーフとしたキャラたちが多数描かれている。そこで本稿では、作中に登場するキャラの元ネタを有名なエピソードと共に振り返っていきたい。

主人公とライバルの元ネタになった競走馬

まず主人公「マキバオー」のモデルとされているのは、「タマモクロス」。前評判を覆して数々の伝説を築き上げていく様や、美しい毛色が両者の共通点だ。

サラブレッドの評価はほぼ血統によって決まるが、タマモクロスはもともと評価がそこまで高くなかった。サラブレッド市場では競走馬が数億円で取引されることも珍しくないが、タマモクロスはわずか500万円で買取されている。また3歳の時に迎えたデビュー戦も敗北し、その後も目立った成績を残していなかった。

しかしデビューから数カ月が経ち、突如としてタマモクロスに転機が訪れる。京都競馬場の芝2200mに出馬したところ、7馬身の圧倒的な差をつけて勝利を収めたのだ。続くレースでも8馬身差の圧勝を果たし、重賞でも難なく勝利したことで、一気にスターダムを駆け上がった。1988年には人気馬・オグリキャップを完封し、史上初となる春秋の「天皇賞」連覇を果たしている。

他方で、マキバオーのライバルである「カスケード」も伝説的な競走馬がモデルとなっていた。その名前は、「フジキセキ」。タマモクロスとは対照的な良血馬であり、名馬・サンデーサイレンスを父に持つ。

フジキセキはデビュー戦から華々しい勝利を飾り、3戦目にはG1「朝日杯3歳ステークス」で優勝。その年の「JRA賞最優秀3歳牡馬」に選ばれている。さらに翌年には「弥生賞」も快勝し、三冠馬となることは確実と思われていた。しかしながらレース後に屈腱炎が判明し、競走馬としての人生を断たれてしまう。残念ながら幻のダービー馬となったフジキセキだが、引退後には種牡馬として数々の名馬を生んでいる。