全ゴジラファン納得! 令和時代を映し出すアニメ『ゴジラS.P』第2話

(C)PIXTA

ゴジラシリーズの新作アニメ『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』(TOKYO MXほか)の第2話が、4月8日に放送。ED映像に歴代の怪獣たちが勢ぞろいしていたことで、大きな話題を呼んでいる。

※アニメ『ゴジラS.P』最新話の内容に触れています

第2話『まなつおにまつり』では、市街地に突如として翼竜のような怪獣が登場する。そこで町工場「オオタキファクトリー」のおやっさんと有川ユンは、独自に開発したロボット・ジェットジャガーによって対抗。激しい戦闘の結果、ジェットジャガーは大破するものの、1人も犠牲者を生むことなく怪獣を退けた。その後、怪獣は「ラドン」と名付けられ、メディアで大きく取り沙汰されることに。千葉県・逃尾は「ラドンまんじゅう」や「ラドンTシャツ」といった商品を売り出し、にわかに町が賑わっていく。

その一方、おやっさんはラドンが一匹ではなく群れで襲来すると警告。予言が的中するかのように、ラストシーンでは空を埋め尽くすほどのラドンたちが現れる──。

冒頭のド派手なアクションシーンはもちろん、未知の生物をめぐるSF的な描写など見どころが盛りだくさん。1話から引き続き、多くのファンを夢中にさせる内容となっていた。

“ゴジラ愛”が溢れ出すED

さらに第2話では、ED映像が地上波で初お披露目されることに。そこでは『ゴジラの逆襲』のアンギラスや『ゴジラvsビオランテ』のビオランテ、『ゴジラvsモスラ』のモスラなど、過去作の怪獣たちが次々と登場。また怪獣だけでなく、『シン・ゴジラ』でカヨコ・アン・パタースンを演じた石原さとみが登場するなどの小ネタも満載だ。

「ゴジラ」シリーズへのリスペクトに満ちた映像に、視聴者たちは《このEDってゴジラ過去作の怪獣とキャスト映ってる? リスペクトやばいな》《昭和の怪獣たちが令和のTVで見れるとか…》《古き良き怪獣が詰まった良いEDでした》《ゴジラSPのEDでまさかキングシーサーやアンギラスが観れるとは…》《ゴジラSPのEDいい! 怪獣祭りじゃん!》《往年の怪獣たちが登場、めっちゃたぎる》《2話ED…大興奮で…泣きそうに…》《はぁ~、過去作リスペクト最高…》《スタッフのゴジラ愛が半端じゃない!》と大興奮の声があがっている。

今後、EDの怪獣たちが本編で活躍することを期待する人も多い。とはいえゴジラはおろか、ラドンしか登場していない状態なので、まだまだ先の展開は読めないところだ。古参ファンも夢中にさせている令和ゴジラは今後、一体どのようなストーリーを描き出すのだろうか。

文=猿田虫彦

【画像】

Benzoix / PIXTA

◆過去のアニメ「ゴジラS.P」レビューはこちら

【あわせて読みたい】