アニメ『名探偵コナン』赤井秀一の“奇行”に愕然「いつから車に?」

『名探偵コナン』98巻(青山剛昌/小学館)

4月10日のアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)は、大人気キャラクター・安室透や赤井秀一が活躍するエピソードを放送。そこで赤井がとった意外な行動に、視聴者から爆笑とツッコミの声が寄せられている。

※アニメ『名探偵コナン』最新話の内容に触れています

今回放送されたのは、「緋色シリーズ」5部作を再構成したエピソードの最終章「緋色の帰還(真相)」。赤井の死因を探るために、来葉峠(らいはとうげ)へと車を走らせたFBI捜査官のジョディとキャメル。しかしジョディたちは何者かに追われ、その場を逃れることとなる。

激しいカーチェイスの末、ジョディたちが乗った車はタイヤが傷つき、ハンドルがとられてしまうことに。追手に追いつかれ、諦めかけたその時、車の後部座席から「屋根を開けろ」というダンディな声が響く。驚愕したジョディが後ろを振り返ると、そこにはなぜか赤井の姿があった。

するとジョディは赤井に対して、「あんたどこで何をやってるのよ、何で車にのってるわけ」と当然の疑問をぶつける。しかし赤井は「全て思惑通りだよ、あの坊やのな」と、飄々とした調子で応答。そしてキャメルたちに指示を出しながら、熟達した腕前の拳銃で追手を退けるのだった。

カッコいい登場シーンが台無し!?

颯爽と登場して、味方たちのピンチをカッコよく助けた赤井。しかし彼らの車は、タイヤの空気が漏れるほど激しいカーチェイスの後。そこでひっそりと出番まで後部座席で隠れていたという赤井の真実に、視聴者からは《赤井さんかっこいいけど、今までどうやってそこに隠れてたの?笑》《赤井さん、アンタいつから車に? まさかキャメルのドラテクで目覚めたわけじゃないよね…?》《このシーン凄くカッコいいんだけど、「赤井さんずっと後部座席に隠れてたの?」ってなる》《赤井さん、ジョディたちが喋ってる間ずっと後部座席にスタンバイしてたと思うと笑えるwww》などの反響が巻き起こっている。

その一方で、赤井が後部座席に現れた際のキャメルのリアクションも話題に。キャメルは泣きながら再会を喜び、「赤井しゃん!」という名ゼリフを繰り出すのだ。コミカルなやり取りに、《青山先生も仰ってたけどキャメルのこのセリフほんと好きです(笑)》《でたー! あかいしゃーん! きゃわいいキャメル》《ほんとネタでもなくしっかり赤井しゃんって言ってるんだよなwww》といった声があがっていた。

赤井の圧倒的な存在感が示された「緋色の帰還(真相)」。4月16日には、そんな赤井が主要キャラとして登場する劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』が公開される予定だ。またもや新たな名シーンが生まれるのか、ぜひ劇場でチェックしておきたい。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『名探偵コナン』98巻(青山剛昌/小学館)

◆過去のアニメ「名探偵コナン」レビューはこちら

【あわせて読みたい】