アニメ『ONE PIECE』ロジャー下船に号泣… 光月おでんの“大ウソ”に「粋だね」

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

アニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)の第969話『ワノ国へ!ロジャー海賊団解散』が、4月11日に放送された。同話では「ワノ国」の侍・光月おでんが大ウソを口にする場面があり、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています

長い旅路を経て、ついに最後の島・ラフテルにたどり着いた「ロジャー海賊団」。船長であるゴール・D・ロジャーは広く名前が知れ渡り、世界中の人々から「海賊王」と呼ばれるようになる。しかしその矢先、ロジャーから「海賊団を解散する」という宣言が。家族のような絆を築いてきたメンバーたちは、宴をしながら今まで来た道を戻っていった。

その後、ロジャーは「俺が一番に降りる」という宣言通りに、立ち寄った島で一人下船。船員たちはロジャーの背中を見送るが、ここでおでんによって「男の別れだ! 誰も涙など流さなかった!」「海賊王のクルーは、涙など流さないのだ!」という男らしいナレーションが入る。

しかし実際にそこで流れた映像では、ロジャー海賊団の船員たちがそろいもそろって大号泣していた。さらにおでんに至っては、声をあげながら男泣きする始末…。

これまで描かれてきた過去編は、おでんが残した手記を振り返るという設定。おでんの独白も手記に記された内容だと思われるが、ここにきて意外なウソがバレてしまったようだ。

“大ウソ”だけど忘れられぬ名シーンに

ロジャー海賊団による冒険の終わりを描いた名シーン。おでんの語った別れ際に、視聴者からは《ここで全員ピーピー泣いてるのが本当好き》《全員号泣してて泣きそうになった》《これでめちゃくちゃ泣いてるのカッコイイわ》《海賊王のクルーは涙なぞ流さないのだ。って、全員がガチ泣き!》《なんでONE PIECEのキャラの泣き顔ってこんなに涙を誘うんだろ。おでん、あんた最高かよ》《ロジャー海賊団のメンバーは粋ですねぇ》といった声が巻き起こっている。

ちなみに、過去には「麦わら海賊団」が同じような別れを経験したことも。彼らの船「ゴーイング・メリー号」との別れのシーンで、ウソップが「男の別れだ」「涙の一つもあってはいけない」と似たようなセリフを言った後に、ラストで一味全員が大泣きしていた。「ロジャー海賊団」の意志は、「麦わら海賊団」に受け継がれているのかもしれない。

次回放送される第970話『悲しき知らせ 大海賊時代幕開け』では、ついに全ての始まりとなった〝あのシーン〟が描かれる模様。ロジャーやおでんをめぐる物語はまだ終わらない!

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去のアニメ「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】