アニメ『ヒロアカ』今期初の“クソナード”発言で大盛り上がり「いただきました!」

『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

4月10日に放送されたアニメ『僕のヒーローアカデミア』(日本テレビ系)の第91話では、ヒーロー科1年A組とB組の合同訓練がスタート。そこで爆豪勝己と緑谷出久の繰り広げたハイテンションな掛け合いに、ネット上で歓喜の声があがっている。

※アニメ『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

出久を始めとしたA組の生徒たちは、午後の授業を行うために運動場に集合。和やかな雰囲気で談笑していると、B組メンバーたちがぞろぞろとやってくる。そして、先頭に立っていた物間寧人は「さあA組、今日こそ白黒つけようか!」と宣戦布告するのだった。

今回の訓練はイレギュラーな形式となり、かねてからヒーロー科への編入を希望していた普通科1年C組・心操人使が参戦。ランダムに選ばれた4人がチームを組み、相手を確保すれば勝利となる「対抗戦」が幕を開ける──。

とくに話題を呼んでいるのは、A組のメンバーが運動場でお互いのコスチュームを論評しているシーン。季節が冬になったことで、彼らのコスチュームは微妙な変化を遂げていた。そこで出久は、「かっちゃんも変えてる!」と爆豪のコスチューム変化にいち早く反応。それに対して爆豪は、ドスの効いた声で「文句あんなら面と向かって言えや、クソナードがぁ!」と言い放つ。

しかし出久は怯むどころか、ますますオタクっぷりが加速。早口で「そのスーツ、防寒発熱機能つき? 汗腺が武器のかっちゃんにとって、とても理にかなった変更で素晴らしいとおも…」と畳みかけていく。すると爆豪は、たまらずに「褒めてんじゃねえ!」と激昂してみせた。

いびつな愛情表現? ファンからは歓喜の声

出久と爆豪の独特すぎるコミュニケーションに、ファンたちは大盛り上がり。ネット上では、《デクとかっちゃんのやり取り声出して笑っちゃった》《まるでデクのナード全開も想定済みかのようなキレ芸…おまいら絶対仲良いだろ》《デクへの対応が通常運転でなんかすっごい安心した》《ほんとデクvsかっちゃんから距離が近くなってるよな…好き…》といった反響が巻き起こっている。

その一方で、もはやお馴染みとなった爆豪の「クソナード」発言に沸き立つファンも。《今期初クソナードいただきました!》《かっちゃん節、出たわね》《久しぶりにクソナード聞いた気がする…元気になるな…》《クソナード頂きました! ありがとう》と興奮の声があがっていた。

同シーンは原作にも存在するが、そこでは出久のセリフの吹き出しに対して、爆豪が物理的に噛みつくような演出が行われていた。アニメでは完全再現とはいかなかったが、迫力ある演技も相まってファンたちを十分満足させたようだ。

次回以降では、心操を含めてA組とB組の対抗戦がますます過熱していく。爆豪がどんな大暴れを見せてくれるのか、ぜひチェックしていこう。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

◆過去のアニメ「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】