アニメ『シャーマンキング』第3話“恐山ル・ヴォワール”アニメ化? 往年のファン歓喜

『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

武井宏之の大人気漫画を原作としたアニメ『SHAMAN KING』(テレビ東京系)の最新話が、4月15日に放送された。そこで同作きっての神エピソードと名高い「恐山ル・ヴォワール」のカットが登場し、大きな反響を呼んでいる。

※アニメ『SHAMAN KING』最新話の内容に触れています

道蓮との激闘を繰り広げた後、その傷を癒すために病院へと運ばれた主人公・麻倉葉。第3話『アンナと道潤』では、病室に葉の許嫁を名乗る恐山アンナが現れ、「あんたには今日から、あたしのスペシャル修行コースを実践してもらうわよ。私をシャーマン界のファーストレディーにするために」と宣告する。

強引なアンナに命令され、友人の小山田まん太はさっそくパシリに。まん太が渋々お使いへと向かうと、そこに葉もついてきて「これは困ったな…」と本音を漏らす。さらに葉はアンナが許嫁である由来を話すのだが、そのシーンでは2人が雪景色の中で対面するカットが挿入されていた。

この葉とアンナの対面カットこそ、今回話題となっている「恐山ル・ヴォワール」。元々は原作のサブエピソード的な作品で、葉が持ち霊のマタムネと共に島根から青森へ向かい、恐山でアンナと出会うシーンを描いた物語だ。

今回はチラ見せレベルだったが、原作ファンたちは早くも大盛り上がり。ネット上では《えっ!? 恐山ル・ヴォワール出てきましたけど!?》《がっつり恐山ル・ヴォワールのカット入ってて泣いた》《うっ恐山ル・ヴォワール…この映像だけで泣ける…》《一瞬「恐山ル・ヴォワール」の葉とアンナが映って心が震えた》と歓喜の声が続出している。

「恐山ル・ヴォワール」が初のアニメ化!?

ちなみに「恐山ル・ヴォワール」に関しては、これまでにドラマCDや作中に登場する詩を元にした楽曲などがリリースされたのみ。2001年に放送された旧作『シャーマンキング』では、アニメ化されていなかった。そのため今回のリメイクで、ようやく念願のアニメ化が実現するのでは…と期待が高まっているのだろう。

今回登場したカットを今後の伏線と捉える人も多く、一部では《これは恐山ル・ヴォワールの映像化を期待してもいいって事だよね…?》《ありがとうスタッフ、楽しみにしてる》《絶対にアニメでルヴォをやるというスタッフからの決意表明を受け取った心持ち》と期待する声が相次いでいる。

中には、「恐山ル・ヴォワール」をじっくり描いた劇場版や特別編を期待する声も。ここまで反響があれば、きっと制作陣は熱量を込めてアニメ化してくれるはずだ。一体どんなかたちでファン待望のエピソードが描かれるのか、今から待ちきれない!

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

◆過去のアニメ「SHAMAN KING」レビューはこちら

【あわせて読みたい】