『SLAM DUNK』最強チームを作るなら…“河田兄”以外の人選とポジションは?

『SLAM DUNK』新装再編版 1巻(井上雄彦/集英社)

『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた漫画のひとつにして、スポーツ漫画の金字塔『SLAM DUNK』。作中には魅力的なキャラクターが数多く登場するが、〝最強チーム〟を作るとしたら、どのようなメンバーを選出するのだろうか。

ご存じかもしれないが、バスケは1チーム5人でプレイするスポーツ。それぞれ、ポイントガード(PG)、シューティングガード(SG)、スモールフォワード(SF)、パワーフォワード(PF)、センター(C)というポジションについている。『湘北高校』だと、PG:宮城リョータ、SG:三井寿、SF:流川楓、PF:桜木花道、C:赤木剛憲といった風に考えれば、どのポジションがどの役割を担っているかがわかりやすいだろう。

まずは各ポジションのメンバー選出から!

まず、各ポジションで挙げられるキャラを選出しておこう。はじめに〝コート上の監督〟とも呼ばれるPG。このポジションで圧倒的に支持されているのが、『海南大附属高校』の牧紳一と『山王工業高校』の深津一成。リョータには申し訳ないが、このポジションは牧か深津で確定だろう。『陵南高校』の仙道彰を推す声もあるが、牧か深津がPGならば、彼は違うポジションで起用した方がチームにメリットがありそうだ。

続いては、スリーポイントシュートを高い確率で決められる〝点取り屋〟のSG。ここで意見が割れるのが、海南・神宗一郎と湘北・三井のどちらを起用するか。ネット上には、《三井はスリー以外でも攻守に活躍できるけど、神はスリー以外は桜木のフェイスガードも破れんレベル》《三井は体力ないし、ハマらない試合はマジで存在感ないから微妙》といった声もある。この2人はチームの戦術によって起用意見が分かれそうなところだろう。

次は、オールラウンダーで〝チームのエース〟とも呼ばれるSF。このポジションは群雄割拠で、湘北・流川、陵南・仙道、山王・沢北栄治が活躍した。流川は覚醒すれば止められないが、やはり〝作中最強〟として描かれた沢北を推す声が多い。

そして一番揉めるポジションが、ボールキープなど〝パワフルなプレイ〟が求められるPF。作中では花道にスポットが当たったが、このポジションは山王の〝河田兄〟こと河田雅史も務めることができる。河田兄はもともとCなのだが、1on1や3Pなども得意でSFやPFのポジションもできる万能選手。そのほか、作中でPFの活躍があまり描かれなかったので、このポジションに誰を置くかがポイントになりそうだ。

最後のCは、〝チームの大黒柱〟的なポジション。こちらも赤木には申し訳ないが、河田兄を推す声が圧倒的なのである。作中の河田兄は実質的なラスボス的なキャラで、大いに存在感を発揮した。河田兄が2人いればPFとCをこなせるが、物理的に不可能。ならば、ここに挙がったメンバーで、ポジションを調整する必要がありそうだ。

神と三井を両方起用するパターンも!?

まず上記のメンバー選出を整理しておこう。湘北からは花道、流川、三井。陵南は仙道。海南は牧と神。山王は深津、沢北、河田兄だ。

そして、ネット上で支持が多かったのが「PG:牧、SG:仙道、SF:沢北、PF:流川、C:河田兄」というフォーメーション。しかし、《仙道と流川を逆にしたい》《1on1大好きマン集め過ぎ》《仙道と牧はどっちかにしろよ。牧は外がないからボール集めないと効力落ちるし》といった反対意見も多くあがっていた。

また、「PG:深津、SG:三井、SF:神、PF:仙道、C:河田兄」という神と三井を両取りする〝ツインバズーカ〟フォーメーションも。さらに〝今っぽい〟バスケとして「PG:三井、SG:神、SF:沢北、PF:仙道、C:河田兄」という構成があがった。

そのほか「PG:仙道、SG:三井、SF:沢北、PF:花道、C:河田兄」、「PG:仙道、SG:神、SF:流川、PF:沢北、C:河田兄」や、山王がベースの「PG:深津、SG:神、SF:沢北、PF:仙道、C:河田兄」。少し反則気味かもしれないが『名朋工業高校』の森重寛を加えた「PG:牧、SG:仙道、SF:沢北、PF:河田兄、C:森重」という無敵メンバー選出も見受けられた。

想像すればするほど楽しい「スラダン」の最強チーム決め。実際にオールスターとしてプレイすることはないだろうが、自分だけのフォーメーションを考えて新作アニメ映画の公開を待ちたいものだ。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『SLAM DUNK』新装再編版 1巻(井上雄彦/集英社)

【あわせて読みたい】