ルフィとゾロはどっちが強い? 過去の“ガチバトル”にワンピファン大興奮

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

4月16日、アニメ『ONE PIECE』第66話~第70話までのエピソードがYouTube上で無料公開された。その中でルフィとゾロが本気のバトルを繰り広げる場面があり、感慨に浸るファンが続出しているようだ。

注目を浴びているのは、公式YouTubeチャンネルで公開された第66話『真剣勝負! ルフィVSゾロ謎の大決闘!』。海賊を歓迎する町・ウイスキーピークにて宴を行った「麦わら海賊団」だったが、実はその住人は全員が賞金稼ぎだったのだ。仲間たちが眠る中、ゾロはたった1人ですべての敵を倒す。

しかし目を覚ましたルフィは、ご馳走を恵んでくれた町の人々が斬られていることに激怒。それがゾロの仕業だと知ると、「俺はお前を許さねえ! 勝負だ!」と宣言する。ため息を吐き、事の経緯を説明しようとするゾロだったが、ルフィは聞く耳を持たずに殴り掛かっていく。

その拳は大岩を砕くほどの威力で、明らかに殺気を帯びていた。ゾロが「殺す気かあ!」とツッコむと、ルフィは「ああ、死ね!」と言い放ち、キックや頭突きなどを次々と繰り出してみせる。

途中までは防戦一方のゾロだったが、覚悟を決めるとついに刀を抜く。そしてゾロの「鬼斬り」と、ルフィの「ゴムゴムのバズーカ」が猛スピードで激突。続いてゾロが「龍巻き」を放つと、ルフィは空に吹き飛ばされつつも「ゴムゴムのピストル」を顔面に打ち込み、お互いにダメージを負うのだった。

激レアすぎる!? ルフィとゾロの真剣勝負

ルフィとゾロは海賊団としての方針をめぐって度々口喧嘩するものの、本気で衝突したことはほとんどない。お互いに殺意を込めた必殺技を放ってみせる第66話は、かなりのレアエピソードと言えるだろう。

物語の初期だからこそ実現した奇跡の対戦に、さまざまな想いがこみ上げてきたファンも多いようだ。ネット上では、《ルフィとゾロが原作で唯一喧嘩したところだ!》《ジャンプの最新話を読んだ後だと、何か感慨深いものがあるなぁ》《喧嘩してるルフィとゾロを見ると、鳥肌が立ちそう》といった声が続出。

また、《個人的には修行した後のルフィvsゾロも見てみたい》《もしまた変な事がキッカケが喧嘩を始めたら、覇気ビンビンで衝突しあって雲が割れたりするのかな》と、現在のルフィとゾロによる再戦を期待する声もあがっている。

世界一の剣豪・ミホークに認められるほどの才能をもつゾロと、大物たちをなぎ倒していく最強のルーキー・ルフィ。アニメでは横やりによって勝敗が決まらなかったが、もし最後までやり合ったとしたらどちらが勝っていたのだろうか…。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】