アニメ『名探偵コナン』赤井秀一がダサすぎる! 謎ファッションにツッコミ続出

『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

4月17日に放送されたアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)に、同作で一、二を争うほど女性人気が高い赤井秀一が登場。しかし、彼の残念すぎるファッションセンスが明らかとなり、ツッコミの声が続出している。

※アニメ『名探偵コナン』最新話の内容に触れています

第1002話『米花商店街ダストミステリー』では、コナンたちの住む米花町でスポーツの祭典「WSG(World Sports Games)」が開催されることに。しかし「WSG」の開催間近にも関わらず、米花町は少年探偵団の面々が課外授業でゴミ拾いをしなければいけないほどゴミ問題に悩まされていた。

ゴミ拾いを行った翌日、コナンたちは同じ場所にゴミの山があるのを発見。ゴミを捨てた犯人を探すために、町中で聞き込み調査を行っていく。さらには、監視カメラを設置して犯行現場を捉えようとする。

謎めいたトラブルの一方で、赤井のセンスを疑う事件も発生。コナンが蘭、園子と出会って一緒に帰る途中に、偶然にも大学院生・沖矢昴の姿に扮した赤井と遭遇する。そこで赤井が持っていたのが、イギリスの国旗がデカデカとデザインされたトートバッグだ。一体どこで手に入れたのか分からないジョークグッズのようなバッグだが、園子は「このトートバッグ、超イケてますね!」とハイテンションになっていた。

私物のセンスもミステリアスな男・赤井秀一

赤井が持っていたイギリス国旗のトートバッグに、視聴者たちは騒然。彼のセンスに対して、ネット上では《そのバッグは何!? イギリス推しが凄いwww》《母国国旗のトートバッグを普段使いしてる昴さん、面白すぎてむり》《え、ごめん。このトートバッグ「だせぇ」と思っちゃった》《そのイギリス国旗のバッグ、本当にやめて》《赤井さん(昴さん)があんなトートバッグ持ち歩いてるのさすがに笑う》といった声が巻き起こっている。

赤井の出身地がイギリスなのは、ファン以外にはあまり知られていない話。ちなみに母親もイギリス人で、赤井にはハーフという設定がある。そのため一部の熱心なファンは、トートバッグのデザインについて《祖国愛を感じる》とポジティブに捉えているようだ。

もしイギリス出身という事実を知る人間がいた場合、沖矢の正体が見抜かれるヒントになる可能性も。詰めが甘いように見えてしまうが、変装の達人・赤井には何か考えがあるのだろうか…。今後の伏線かもしれないので、しっかりと脳裏に焼き付けておこう。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

◆過去のアニメ「名探偵コナン」レビューはこちら

【あわせて読みたい】