アニメ『すばせか』第2話でED解禁! 世界的イラストレーター参戦に原作ファン大興奮

(C)PIXTA

スクウェア・エニックスの人気ゲームを原作としたアニメ『すばらしきこのせかい The Animation』(TBS系)の最新話が、4月16日に放送。初お披露目となったエンディング映像に、とある有名クリエイターが参戦しており、ネット上で驚きの声が広がっている。

※アニメ『すばらしきこのせかい』最新話の内容に触れています

突然〝シブヤ〟の街で目を覚まし、ミッションをこなさなければ消滅してしまう「死神ゲーム」に参加することになった主人公・ネク。第2話『シキ』では、ネクとパートナー契約を結んだヒロイン・シキをめぐるエピソードが描かれていった。

死神から「スペイン坂をノイズから開放しろ」というミッションが届き、ネクとシキは現場に向かう。しかしその最中、2人はシキとそっくりな顔をした女子高生・エリとすれ違うことに。シキは彼女の知人らしく、ひどく動揺した様子を見せる。ネクはさまざまな出来事を経て、シキの過去と「死神ゲーム」にまつわる衝撃の事実を知るのだった…。

謎めいた世界観が徐々に明らかになっていく一方、今回のエピソードではオープニングとエンディングの映像が初公開された。OPは原作ゲームの大人気曲『Twister』をアレンジしたバージョン、そしてEDにはASCAの新曲『カルペディエム』が採用されている。いずれの曲も、原作ゲームの音楽を担当した石元丈晴が作曲を行っており、ファンたちも大満足のクオリティーだったようだ。

“原作愛”あふれる映像に絶賛の声

またED映像では絵コンテ、演出、イラストをイリヤ・クブシノブが担当。イリヤは世界的な人気を誇るイラストレーターで、アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインでも知られている。

原作のテイストを再現しつつ、美しく描き出されたキャラクターたちの姿に、ネット上では《エンディングイラストの雰囲気めっちゃいいな~。最&高です》《EDやば、原作リスペクトが凄い。本当に凄い。忠実…!》《EDも原作の雰囲気まんまな曲と、すばせかリスペクト全開なイリヤさんのイラストで大満足》《これは凄い…すばせか愛を感じるEDだった…イリヤさんのイラスト素晴らしかった…》といった声が続出。

また、原作の必殺技カットインがオマージュされていたことで、《EDの最後の絵、ゲームの必殺技カットインの再現やん! 鳥肌立ったわ》《うおおおシンクロ必殺技のカットインがこんなところで見られるとは!!》《カットインのポーズじゃないですかあああ》と喜ぶファンも多い。

放送終了後には、「すばらしきこのせかい」のディレクター・神藤辰也が自身のツイッターを更新。ED映像について《もう全カットが素晴らしい出来で社内スタッフも喜びに打ち震えました!》と絶賛していた。

主題歌を担当する予定だった『ALI』のメンバーが逮捕され、暗雲が立ち込めていた同作だが、今のところネガティブな反応はほとんど見られない。さらなる盛り上がりに期待できそうだ。

文=猿田虫彦

【画像】

Benzoix / PIXTA

◆過去のアニメ「すばらしきこのせかい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】