アニメ『キングダム』第3話ついに“函谷関の戦い”開戦! 熱すぎる掛け合いに歓喜の声

『キングダム』61巻(原泰久/集英社)

4月18日に放送されたアニメ『キングダム』(NHK)の最新話では、原作ファンから絶大な人気を誇る函谷関(かんこくかん)の戦いがついにスタート。その白熱した開戦描写をめぐって、大きな反響が巻き起こっている。

※アニメ『キングダム』最新話の内容に触れています

周囲の国々が手を結んだ「合従軍」によって、危機的状況に置かれている秦国。第3話『函谷関攻防戦』では、軍総司令・昌平君が秦の総力を函谷関に結集させることを決断。そして関所を挟み、何十万にも及ぶ両軍の大軍勢が対峙することになる。

楚・趙・魏・燕・韓の将軍たちが勢ぞろいする中、最初に口火をきったのは楚軍総大将・汗明だ。彼は広大な戦場に向けて名乗りを上げると、自軍の先鋒として猛将・臨武君を指名する。すると臨武君と兵士たちは、とてつもない大声で「地を揺るがすのは誰か!?」「楚軍!」「天を震わすのは誰か!?」「楚軍!」と掛け合いを繰り広げていく。そしてボルテージが最高潮に達すると、臨武君は進撃を命じるために口を開くのだった。

しかしその瞬間、秦の将軍・麃公が意外な行動に。臨武君の号令に割り込むように、「突撃じゃあ!」と叫びながら敵兵へと突進していったのだ。合従軍の面々があっけにとられる中、秦の兵たちは大いに興奮し、飛信隊もすかさず全力疾走を始める。

大注目の戦いの行方は…

6つの国が戦力を結集させた「函谷関」の戦闘が、ついにスタート。開戦シーンを見届けた視聴者たちは、《函谷関コールアンドレスポンスはやはり熱いっ!》《麃公さんの突撃コールはやっぱり清々しくて最高です!!》《ようやく開戦だぜめちゃくちゃたのしみ!》《楚軍の出端を挫く麃公将軍が最高! イイね、テンション上がるわ!》⦅マジで将軍みんなかっこいい…》と大盛り上がりのようだ。

なお、アニメの公式ツイッターでは、今回から「キングダムニュース」という企画も始動した。これは実際のニュース番組のような体裁で、プロのアナウンサーが戦況を紹介していくといった内容。第1回と名付けられているので、今後の放送でもわかりやすく戦場の様子を解説してくれるのかもしれない。

物語のタメとなる段階が終わり、いよいよ次回から熱い戦闘が繰り広げられる。秦はこのまま合従軍に蹂躙されてしまうのか、それとも──。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『キングダム』61巻(原泰久/集英社)

◆過去のアニメ「キングダム」レビューはこちら

【あわせて読みたい】