付き合いたい『NARUTO』の女性キャラといえば? 霜降り・せいやの意外な趣味

(C)PIXTA

完結から5年以上が経った今でも、多くの人に愛されている人気作『NARUTO -ナルト-』。同作は硬派な少年漫画ではあるものの、作中に魅力的な女性キャラクターが多数登場することでお馴染みだ。

4月14日には、熱烈な「NARUTO」ファンとして知られる『霜降り明星』のせいやが、YouTubeにて「付き合いたいNARUTOキャラベスト4」を発表。そのユニークな内容に大きな反響が上がっている。以下では、せいやがどんなヒロインに魅了されているのか、反響を交えながらご紹介していこう。

霜降り・せいやは暴力系ヒロインに憧れている?

<4位>日向ヒナタ
第4位に選ばれたのは、木ノ葉の里における名門・日向一族の日向ヒナタ。彼女は透視や望遠などを可能とする「白眼」の力を持つくノ一で、体術「柔拳」の使い手でもある。はかなげな見た目にそぐわず、バリバリの格闘タイプだが、せいやは「点穴突かれたい」「白眼でめちゃくちゃにしてほしい」という被虐的な願望を語っていた。

ヒナタは本編ラストで主人公・うずまきナルトと結ばれる、いわゆる正ヒロインと言える存在。ナルトに対する一途な愛だけでなく、控えめで優しい性格と、自分よりも他人を優先する健気なところも魅力にあふれている。既婚者ではあるが、連載初期からの人気ヒロインなのでせいやの選出に共感する人は多いようだ。

<3位>テンテン
第3位は、お団子頭がチャームポイントのくノ一・テンテン。せいやがテンテンを彼女にしたい理由は、「おしゃべりな女の子の聞き役に徹したい」ということらしい。

テンテンは活躍の場こそ少なかったものの、物語の初期から登場していたキャラ。下忍の頃は個性が強いガイ班の紅一点として、メンバー間の緩衝役として立ち回ることが多かった。明るく、世話焼きな性格なので、一緒にいるだけで楽しい時間を過ごせそうだ。

ちなみにネット上では、テンテンが同期のロック・リーと結婚した後、離婚しているというウワサも。海外サイトがアニメ制作会社を取材した際の画像がソースとなっているようだが、真偽は定かではない。

<2位>シズネ
伝説の三忍・綱手の付き人であるシズネが第2位に。彼女はアラサーのくノ一で、豪快な綱手とは対照的に常識人らしい振る舞いをとることが多い。黒髪の素朴なビジュアルと違わず、おだやかな性格をしている上、医療忍術を得意としているので恋人になれば四六時中癒されてしまうことだろう。

せいやはそんなシズネに対して、「大人な女性を甘やかしてあげたい」という願望を抱いているそう。マニアックな選出に、ネット上では《シズネはリアルすぎて笑う》《シズネがランクインしてくるの玄人向きで笑った》《トップ3にシズネが入ってる人初めて見たわ》といったツッコミが殺到していた。ランキングの中では唯一の大人であるため、どことなくリアルな印象も際立っている。