『ヒロアカ』310話に2代目ワン・フォー・オール…! 個性とルックスに注目集まる

『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

人気漫画『僕のヒーローアカデミア』の最新話が、4月26日発売の『週刊少年ジャンプ』21・22合併号に掲載された。最新話では「ワン・フォー・オール」2代目と3代目の素顔が明らかになったのだが、その特徴が大きな話題を呼んでいる。

※『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

第310話『師と弟子』では、「ワン・フォー・オール」歴代継承者たちの回想シーンが描かれた。緑谷出久の思想に感化され、徐々に協力的な姿勢を見せるようになった継承者たち。しかし2代目と3代目だけは、決して心を開こうとしなかった。

初代・与一は彼らと縁が深いようで、「頼むよ」「マイヒーロー」と出久への協力を頼み込む。しかし2代目は出久の思想に賛同できないらしく、〝死柄木弔を助けたい〟という想いを「イカレた幻想」と一蹴。「オール・フォー・ワン」との厳しい戦いを経験してきた2代目・3代目にとって、出久の考え方は生死をかけた戦場にそぐわないものに映ったようだ。

しかしいくら拒絶されても、与一は説得を諦めない。そして与一の口から、2代目が「宿敵の片割れ」である自分に手を差し伸べてくれたという過去が明かされる。最終的には説得が成功し、ようやく継承者全員が出久と協力する体制が整うのだった。

2代目の顔が“爆豪勝己”にそっくり?

今回のエピソードでは、これまで謎に包まれていた継承者全員の素顔が明らかに。その中で、2代目の顔が爆豪勝己に酷似していたことがファンに大きな衝撃を与えているようだ。ネット上では《ホント2代目かっちゃんによう似とる》《ついに2代目3代目素顔が! 2代目、爆豪感強いな!》《2代目の見た目や仕草、大分かっちゃんに寄せてる?》など、多くの反響を呼んでいる。

それと関連して、まだ明らかになっていない2代目の個性や名前についても注目が集まっている様子。腕にギミックを付けているという共通点から、爆豪の個性「爆破」に近い個性ではないかと推測する人も。もしかすると、実際に爆豪と何らかの関係をもつ人物なのかもしれない。

また2代目が与一に手を差し伸べたシーンは、過去に描かれた場面のセルフオマージュだと思われる。第9話『デクvsかっちゃん』で描かれた、川に落ちた爆豪へと出久が手を差し伸べる場面だ。今後、初代と2代目と対比するかたちで出久と爆豪との関係性が深まっていく可能性は十分ありえる。

ライバルであり仲間でもある出久と爆豪の関係は、「僕のヒーローアカデミア」の物語を支える軸のようなもの。ワン・フォー・オールの歴史と、いかにして関わっていくのか要注目だ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

◆過去の「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】