アニメ『シャーマンキング』第5話で神曲…! 旧主題歌に大盛り上がり「よみがーえーれー!」

『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

アニメ『SHAMAN KING』(テレビ東京系)の第5話『オーバーソウル!』が、4月29日に放送された。そこでファンにとってお馴染みの神曲が登場し、ネット上で歓喜の声が殺到している。

※アニメ『SHAMAN KING』最新話の内容に触れています

ある日、世界中の夜空にシャーマンの王を決める戦い「シャーマンファイト」の始まりを知らせる伝説の星・羅睺(らごう)が流れた。主人公の麻倉葉は、その影響でより厳しい修行に打ち込んでいく。

そこで葉の前に、パッチ族の男・シルバが登場。シャーマンファイトに参加するための戦闘テストを受けることになる。しかし5つの精霊をアクセサリーに宿して戦うシルバに、葉と持ち霊の阿弥陀丸はなすすべなし。もはやこれまでか…と思われたところで、葉は見よう見まねで刀に阿弥陀丸を込める〝オーバーソウル〟を習得。シルバの攻撃を見事に防いでみせる。

なお葉がオーバーソウル状態で攻撃を放った際には、「よみがーえーれー!」という耳馴染みのあるフレーズの曲が。恐山アンナ役の声優・林原めぐみが歌う『Over Soul』が流れ出し、物語を盛り上げたのだ。

“神演出”に旧アニメのファンも感動!

「Over Soul」は、2001年に放送された旧作版「シャーマンキング」の挿入歌。今作のアニメは完全新作と銘打っていたため、旧アニメの要素が登場するのはまさに予想外の展開と言える。

大人気曲を使ったサプライズ演出に、ネット上では《今日イチの大興奮…。Over Soulの挿入歌最っ高でした》《まさか「Over Soul」が流れるとは思ってなかったよ! この歌が聞こえた瞬間の鳥肌がもの凄い》《ここで「Over Soul」流れるのは鳥肌…!》《前アニメの曲を使ってくれたことに感動》《Over Soul が流れる演出があまりに熱かったのでこれはもうみんなで蘇るしかない》と大興奮の声が上がっている。

旧アニメからおよそ20年を経て、ふたたび注目を集めた「Over Soul」。当時の記憶を思い出して、感傷に浸ったファンも多いことだろう。放送中にはツイッター上で《よみがーえーれー!》の大合唱が巻き起こっており、曲名の「Over Soul」がトレンド入りを果たしていた。

数十年の時を経た今でも、「シャーマンキング」が多くの人に愛されていることがよく分かる。新規のファンだけでなく前アニメのファンまで巻き込み、不死鳥のごとく人気が蘇りそうだ。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

◆過去のアニメ「SHAMAN KING」レビューはこちら

【あわせて読みたい】