ジャンプ作家への労いも…『ONE PIECE』の扉絵に隠されたメッセージ5選

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

大人気漫画『ONE PIECE』といえば、尋常ではない書き込みの量でお馴染み。また本編もさることながら、各話の冒頭に置かれた「扉絵」にはさまざまなメッセージが隠されている。そこで今回は、作者・尾田栄一郎の想いがこもった扉絵を5つピックアップしてみた。

ジャンプ作家同士の交流を描いた扉絵も!

<その1>第766話…戦友への熱いメッセージ!
まず取り上げたいのは、『週刊少年ジャンプ』2014年50号に掲載された第766話『スマイル』の扉絵。扉絵の中には、同号で最終回を迎えた岸本斉史の『NARUTO -ナルト-』に対するメッセージが込められている。

この扉絵は、ナミ、ルフィ、チョッパーが食事しているシーンを切り取った1枚。各キャラの頭文字である「ナ」「ル」「ト」に加えて、壁に並んだ居酒屋メニューの頭文字をとると、「ナルトおつかれさんでした」のメッセージが浮かび上がる。他にもタイトルロゴのNARUTO風アレンジや、各所にナルト模様が書き込まれており、見れば見るほど発見がある扉絵だ。

尾田と岸本は、2人とも1974年生まれ。デビューした時期も近く、共に「ジャンプ」を支えてきた戦友のような間柄だ。そのため、尾田も「NARUTO -ナルト-」の最終回に抱く想いは強かったのだろう。

<その2>第846話…M・Sさんって誰? 一風変わった扉絵
「ジャンプ」2016年51号で島袋光年の『トリコ』が最終回を迎えた際にも、同じく労いのメッセージが。それが第846話『タマゴの警備』の扉絵だ。

尾田は扉絵において、読者からのリクエストに応えた絵を描くことがある。その際にはリクエスト主の名前も扉絵に載るのだが、第846話でリクエストを行ったのは尾田本人。「M・Sさんの好きなウサギの絵を描いてください」というお題に、尾田が自ら応えるという異例の扉絵になっている。

「M・Sさん」は「トリコ」作者の島袋光年のこと。また扉絵にはウサギ以外にも、しましま模様の豚、5羽の鳥、3と9の数字が描かれており、「しまぶー(しま豚) トリコ(鳥5) サンキュー(39)」のメッセージに見えてくる。

尾田と島袋もプライベートで長年の親交があり、漫画家デビューが決まった際はお互いに電話で報告し合ったほど。島袋の大ヒット作となった「トリコ」の完結は、尾田にとっても感慨深いものだったはずだ。