『かぐや様』216話で伊井野ミコが本格始動!“あの女”の動向を気にする読者も…

『かぐや様』216話で伊井野ミコが本格始動!“あの女”の動向を気にする読者も…

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』21巻(赤坂アカ/集英社)

大人気ラブコメ漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の最新話が、5月13日発売の『週刊ヤングジャンプ』24号に掲載された。これまで切ない片想いを続けていた伊井野ミコがついに動きはじめたことで、読者からさまざまな反響があがっている。

※『かぐや様は告らせたい』最新話の内容に触れています

第216話『四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編(1)』では、藤原書記の執拗な問い詰めによって、ミコが「石上優のことが好き」だと暗黙のうちに認める。そこで藤原は、どんどんアプローチすべきと助言を放つのだった。

しかしミコは、つばめ先輩にフられたばかりの石上には「恋愛クールタイム」が必要だと主張。さらに石上の失恋が長引く可能性を考慮して、2年という長すぎるクールタイムを見積もる。藤原はすかさずツッコミを入れ、「恋愛で良い子ぶってちゃ掴めるものも掴めない」などとめずらしく真っ当なアドバイスを送った。

藤原の言葉は、いつも良い子だったミコの価値観を変えたようだ。その日の放課後、早くもミコは教室で席についている石上のもとに訪れる。そして石上の制服を少し引っ張りながら、「一緒に行こ?」とあざとく提案するのだった…。

これまで健気にも身を引き、自分の恋を優先してこなかったミコがついに本領を発揮。良い子をやめたミコの積極的なアプローチに、ネット上では《何だこのかわいい生物は!!》《セリフの破壊力やべーわ》《ミコちゃんしか勝たん》《今週のかぐや様神回かよ! 石ミコたまらん》《石ミコ派なので悶絶してる》と絶賛の声が相次いでいる。とくに、関係が進展せずヤキモキしていた石ミコ派にとっては、たまらない展開となったようだ。

祝福ムードと同時に“あの女”を懸念する声も…

その一方で、今回のサブタイトルは「無理難題『仏の御石の鉢』編」となっており、ミコの友人・大仏こばちが物語に絡んでくる予兆も。今回「生徒会行くでしょ?」とミコが言っているコマの背景には、さりげなく大仏の姿が描かれている。

大仏は以前、推しカプ論争にて「私は石ツバ派で、石ミコは解釈違い」「石上には自分の好きな人と結ばれてほしい」と発言し、実際にミコの恋愛を邪魔したことも。くわせものの大仏を嫌っているファンも多く、《石上チョロそうだけど大仏がそうはさせないんだろうな》《大仏さんちょっと怖い》《ミコちゃんは好きなんだけど大仏が嫌いなんだよなぁ》と、フェードアウトを願う声が目立つ。

ミコと石上の恋愛がいよいよ発展するかと思われたが、そう簡単にはいかないようだ。大仏がどう動くか、どのような無理難題が待ち構えるのか、今後も注目していこう。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』21巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】