『ウマ娘』廃課金でも勝てない? 初の対人イベントが悲惨すぎる「つまらなくなった」

『ウマ娘』廃課金でも勝てない? 初の対人イベントが悲惨すぎる「つまらなくなった」

『ウマ娘』廃課金でも勝てない? 初の対人イベントが悲惨すぎる「つまらなくなった」 (C)PIXTA

大人気アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』で、初めての本格的な対人戦イベント『チャンピオンズミーティング タウラス杯』が終幕した。ユーザーの反応は千差万別で、「楽しかった!」と絶賛する人もいれば、引退を決意する人も。大会の結果によって、くっきりと明暗が分かれたようだ。

5月10日から18日まで行われた『タウラス杯』は、第1ラウンドから決勝ラウンドまでの計3ラウンドで争われた。勝利条件は実際の競馬と同じく1着を取ること。決勝ラウンドを制したプレイヤーには、さまざまな商品に加え、勝者にのみ与えられる称号が贈られた。

しかし、この称号の存在が、敗北したプレイヤーの心を抉ってしまうことに。というのも今回配布された称号には「タウラス杯プラチナ」「タウラス杯ゴールド」「タウラス杯シルバー」「タウラス杯ブロンズ」の4つがあるのだが、これら全ては1位の総取り。たとえ決勝ラウンドまで残っても、2位や3位には「ブロンズ」すら与えられないのである。

そのため1位以外には大会に参加したという証すらなく、SNSなどでは、《称号をつけてるプレイヤーを見るだけで嫌な気持ちになる…》《これから毎日ウマ娘を開く度に、「俺はプラチナになれなかった」ってことを思い出すのか》《決勝ラウンドまで残ったんだから、せめてブロンズ称号くらいくれよ》《タウラス杯負けてから、あれだけ楽しかった育成がつまらなくなった》《タウラス杯プラチナ称号でマウント取られ続けるのきつい》といった声が。何とも言えない悲壮感が漂っていた。

高額課金の敗者がアカウントを売って引退?

大会当初は課金額が少ないライトユーザーから悲鳴があがっていた『タウラス杯』だが、今にして思えば多額のお金を賭けたプレイヤーの方が悲惨。決勝ラウンドがレース1回での一発勝負だったこともあり、重課金や廃課金と呼ばれるプレイヤーも負けているようだ。実際にオークションサイトでは、数百万円はつぎ込んだであろうアカウントが売りに出されていた…という話も。強いウマ娘を育てるために多額のお金をつぎ込んでも、大会で勝てなければ多くの無課金プレイヤーと同じく称号ナシである。

そんな中、同ゲームで「エアグルーヴ」というウマ娘を演じている声優・青木瑠璃子が、《世の中には二種類の人間がいる。「タウラス杯プラチナ」の称号を持つ者と持たない者…。君はどちら側の人間だ?》というツイートを投稿した。彼女はきっちり「プラチナ」の称号を取っていたため、《マウントを取られた》との批判が続出。ちょっとした物議を醸してしまった。

その他、『タウラス杯』の妥当性に異議を唱え、《運ゲー》などと批判する敗者も。たしかに今大会は、マッチングの運やウマ娘の「調子」など乱数が絡む要素も多い。しかしそれでも、プレイヤーの努力次第で勝つ確率を最大化できる範囲だった印象だ。

同ゲームではレースという一発勝負にかけるウマ娘たちの物語が描かれているものの、当のプレイヤーは彼女たちほど強くはない模様。レースに絶対はないのだから、たとえ負けてもゲームとして勝負を楽しめば良いように思えるのだが…。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】