アニメ『鬼滅の刃』の“ufotable”炎上! 無限列車編の限定特典でサンプル詐欺か

アニメ『鬼滅の刃』の“ufotable”炎上! 無限列車編の限定特典でサンプル詐欺か

アニメ『鬼滅の刃』の“ufotable”炎上! 無限列車編の限定特典でサンプル詐欺か (C)PIXTA

公開から219日にして、興行収入が400億円を突破した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。アニメ第2期の遊郭編も今年に放送が予定されており、再び鬼滅ブームの到来が予想されている。しかし、アニメ―ション制作を手掛ける『ufotable』が炎上しており、黄色信号も立ち込めているようだ。

炎上しているのは、『無限列車編』Blu-ray/DVDの完全限定生産版に付属する「ufotable」限定特典『光る 心を燃やせアクリルスタンド』。血を流した炎柱・煉獄杏寿郎が刀を構えるアクリルスタンドで、台座にはオレンジ色の光を照らす台座がついている仕様だ。

しかし5月21日、「ufotable」が仕様変更を発表。台座のサイズが小さくなると明らかになった。当初に発表されていたサンプル画像では、煉獄さんのアクリルスタンドが全部乗る仕様。しかしサイズ変更で、アクリルスタンドがはみ出すようになってしまったのだ。

この一件で「ufotable」の信用が地の底に…?

「ufotable」は《現在、表記は訂正済みとなっております。このたびは、お客さまに多大なるご迷惑をお掛けいたしました。何卒ご容赦賜りますよう宜しくお願い申し上げます》と謝罪コメントを発表。しかし、入金期限・キャンセル・配送先変更の期限がサイズ変更発表前日の20日までで炎上する事態に。

「ufotable」のツイッターには、《全然納得できません!》《アクスタ目当てで予約したのですが…》《400億円超えても、会社がやってる事は納得いきません》《迷いましたが大変不快な気持ちが収まらないのでリプ失礼します。キャンセル期限の次の日に告知された事について悪意しか感じていません。期限延ばしてください》《台座の表記に誤りがあった、のではなく明らかなサンプル詐欺ですよね。クオリティが全く違います。サンプル通りの特典を送ってください。実物の画像で最初からでていたらこちらで予約しませんでした》《サンプル詐欺! ufotableさんの信用なくしました》《台座からアクリル板がはみ出てるのは、あまりにもカッコ悪いんだが…。光るアクリルスタンドも魅力があったからufotableで予約したのに、これなら他のところで予約したかも》《これは酷い! コスト削減? 発注ミス? 何が原因でこんな事になったの》といった怒りの声が飛び交っている。

原作通りに『鬼滅の刃』をアニメ化して絶賛を浴び、一般層にも認知されるようになった「ufotable」。特典の改悪によって炎柱を炎上させてしまうとは「よもや、よもや」だ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】