ジャンプ読切『Bad Tripper』大絶賛! 作者の才能にヤラれる読者たち「面白すぎ」

ジャンプ読切『Bad Tripper』大絶賛! 作者の才能にヤラれる読者たち「面白すぎ」

ジャンプ読切『Bad Tripper』大絶賛! 作者の才能にヤラれる読者たち「面白すぎ」 (C)PIXTA

5月24日に発売された『週刊少年ジャンプ』25号に、読切『Bad Tripper』が掲載。その内容に「作風がめちゃくちゃ好きだ」と絶賛の声が続出している。

『Bad Tripper』の作者は踊場ゆう。昨年2月に読切『MY LITTLE MARS』が『ジャンプ』に掲載され、好評を博していた。

センターカラー・49ページで掲載された『Bad Tripper』は、「苦しまずに殺してくれる宿」と都市伝説的に囁かれている宿に、17歳の囚人・ハイジが監察官の指示で潜入捜査。宿に潜む闇を、ハイジ自身が抱える闇を乗り越えて解決していく新感覚サスペンス作品だ。

すでに『Bad Tripper』のファンアートも…

テンポの良いストーリー、キャラ造形と設定、作風に合う画力などが一体になった同作。『ジャンプ』読者からは絶賛されており、《面白すぎるだろ、ずるいわ》《何回でも言おうと思ってるけど、読み切りバケモノすぎ》《絵の上手さがやばい。話も面白かった。マジでオススメ。作者は踊場ゆうさんか。覚えた!》《春の大型読切連弾で今のところ一番好きかも》《『MY LITTLE MARS』の衝撃から、ずっと待ってたけど踊場ゆう先生の漫画好き過ぎる。絵がすき、そしてテンポがいい。演出がオシャレ。何より女の子がかわいい》《本誌看板作品に勝るとも劣らない文才と漫画力。将来大作家になる予感しかない》といった声が続出している。

またツイッター上には、すでに二次創作作品もチラホラ見受けられる。つい先日、二次創作の有無が作品の人気バロメーターになると話題になったばかり。すでに『Bad Tripper』にはファンがついているようだ。

『Bad Tripper』本編の前ページには、担当編集からの一言も。どうやら『Bad Tripper』は『MY LITTLE MARS』に続く人生2本目の長編読切らしい。この事実に《2作描いて2作が本誌掲載ってマジ…!?》《2作目の長編読切でこんなに面白いってほんと何?》と驚きの声もあがっている。たしかに、今まで書いた長編読切がどちらも『ジャンプ』に掲載されるとは恐ろしい才能だ…。

『ジャンプ』は「春の大型読切連弾」と題して、ここ最近毎週読切作品を掲載している。23号に掲載された読切『大東京鬼嫁伝』にも絶賛の声が寄せられており、連載化に期待の声があがっていた。

また今号には、18歳の漫画家・吉野マトの読切『すたーと・おーばー』も掲載され好評を博している。読切作品も群雄割拠な『ジャンプ』には、明るい未来が待っているかもしれない。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】