『ゴジラS.P』第9話ジェットジャガー大活躍!「今年一番のロボット描写」と大満足の声

『ゴジラS.P』第9話ジェットジャガー大活躍!「今年一番のロボット描写」と大満足の声

『ゴジラS.P』第9話ジェットジャガー大活躍!「今年一番のロボット描写」と大満足の声 (C)PIXTA

ゴジラシリーズの新作アニメ『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』(TOKYO MXほか)の第9話が、5月27日に放送された。「ジェットジャガー」のバトルシーンに多くの注目が集まった回となり、ロボットアニメのファンから熱狂的な声が巻き起こっているようだ。

※『ゴジラ S.P』最新話の内容に触れています

第9話『たおれゆくひとの』では、蜘蛛型怪獣とジェットジャガーの戦いが描かれた。ジェットジャガーは、港に大量に現れた蜘蛛型怪獣に孤軍奮闘。アンギラスの槍を巧みに使い、蜘蛛型怪獣を倒していく。

有川ユンたちは、ジェットジャガーが作った隙に乗じて蜘蛛から逃れ、倉庫の事務室へと避難。職員の提案に従い、港に停泊している船での脱出を企む。その一方、倉庫内ではガソリンが漏出し、大爆発が巻き起こることに。炎の中で蜘蛛型怪獣に囲まれたジェットジャガーは、バッテリーも残りわずかとなり絶体絶命に陥る。

ジェットジャガーはユンに「バッテリーをパージして脱出を試みます」と報告すると、背負っていた箱型バックパックを放棄。総重量を減らしたことで移動スピードが向上したようで、空を飛び回るような軽快さで蜘蛛型怪獣を蹴散らしていく。こうしてジェットジャガーの活躍により、一行は見事脱出に成功するのだった。

ジェットジャガーの熱い戦いに絶賛の声!“かわいい”の声も

大量の蜘蛛型怪獣を相手として、爽快感のあるバトルが描かれた第9話。とくにバックパックを捨てた後は、ジェットジャガーがスピード面でこれまでにない強化を果たしており、ド迫力のアクションシーンとなっていた。

この戦いに魅了された視聴者からは、《今年一番のロボット描写かもな》《だんだんジェットジャガーが格好よく見えてきた》《戦闘シーンくそかっけぇなジャガー。アングルというかなんというか動きが映えてよかった》《ジェットジャガー君は軽快な白兵戦するから好き》《ジェットジャガーの動きは勧進帳の弁慶の飛び六法のようでしたな!!》と大絶賛の声が相次いでいる。

また、ジェットジャガーには声優・釘宮理恵の声で話すAIが搭載されている。ユンたちを守るために健気に立ち回る姿や、「えい」「やあ」と緊張感のない声で戦うジェットジャガーに魅了されてしまったファンも多いようだ。

ジェットジャガーが熱戦を繰り広げる一方で、ゴジラは蛹状態から変態。神野銘と行動を共にする李博士は、ラドンに襲われてしまう。次話が気になる展開だが、Netflixで第10話の先行配信を見たファンからは、早くも絶賛の声が出始めている。地上波で第10話を見る予定の人は、ネタバレに細心の注意を払うべきかもしれない…。

文=野木

【画像】

Benzoix / PIXTA

◆過去のアニメ「ゴジラS.P」レビューはこちら

【あわせて読みたい】