『ONE PIECE』“ジョイボーイ”って何!? 称号を得るのはルフィかモモの助か…

『ONE PIECE』史上最大の絶望!? 1014話でカイドウが錦えもんの頭を…

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

5月31日発売の『週刊少年ジャンプ』26号に、『ONE PIECE』1014話『人生の大根役者』が掲載された。絶望的な展開が続く中、物語の核に触れるようなセリフが登場し、読者をザワつかせている。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

前話でルフィはカイドウとの一騎打ちに敗れ、ドクロドームから落ちていった。覇王色をまとうテクニックを習得したルフィだが、カイドウには通じなかったようだ。1014話では、カイドウが新技を「お粗末なものだった」と評してみせる。さらに落下するルフィへ「お前も〝ジョイボーイ〟には… なれなかったか…!!」というセリフを投げかけていた。

〝ジョイボーイ〟は、いまだ謎に包まれた存在。「空白の100年」に実在したとされ、800年前に「歴史の本文(ポーネグリフ)」に〝人魚姫への謝罪〟を書き、その石碑を魚人島の海の森に置いた。さらに光月おでんは、過去に「いつか〝ジョイボーイ〟が現れる日までに〝開国〟せねば…!!!」と語っている。

ジョイボーイはDの一族説や、カイドウの先祖説(JOY=快、BOY=童)が流れているが、その大部分は謎のままだ。

“ジョイボーイ”は称号なのか?

しかし1014話で、カイドウの口から〝なれなかった〟という言葉が飛び出す。すると、読者からは《今までジョイボーイって人がいるのかと思ってたけど、海賊王的な称号なのか?》《カイドウはどうやらジョイボーイについても知っていた様子。ってかジョイボーイって人物名ではなく肩書き的な事って事でOKなのかな?》《ジョイボーイは称号的なものとしてほぼ確定か》といった考察が飛び交うことに。

さらに、ここのところモモの助の‶覚醒フラグ〟が立っていることから、《ジョイボーイはモモの助?》《ずっとルフィがジョイボーイだと思ってたけど、ヤマトがモモを夜明けに導く者って言ったり、今週も踏まえるとジョイボーイってモモ?》《カイドウの言葉が真実かは別にして、ルフィはジョイボーイじゃない気がしてきた。ヤマトの言葉的にモモが有力な気がする》《おでん漫遊記を読んだモモの助は、自身がジョイボーイなんだと自覚し、海王類に命令してルフィを助け出すという流れ希望》《モモの頭痛は象主が近づいてるフラグじゃね? ここにきてジョイボーイの名前出てくるとか》と予想するファンも多い。

さまざまな予想が飛び交っているが、もちろんジョイボーイの詳細は不明のまま。いずれ明かされるであろう正体に注目していきたい。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】