アニメ『ヒロアカ』98話デクとの絆に感動… 麗日お茶子が「圧倒的ヒロイン」と話題

アニメ『ヒロアカ』98話デクとの絆に感動… 麗日お茶子が「圧倒的ヒロイン」と話題

『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

アニメ『僕のヒーローアカデミア』(日本テレビ系)の最新話となる第98話『受け継ぐモノ』が、5月29日に放送された。麗日お茶子がメインヒロインとしての風格をいかんなく発揮する回となり、ファンたちが狂喜乱舞しているようだ。

※アニメ『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

雄英高校1年A組とB組によるチーム対抗戦の5試合目。とうとう緑谷出久の出番となり、お茶子・芦戸・峰田と4人組のチームを組む。ところが試合開始から早々、出久のもつ「ワン・フォー・オール」の個性が暴走してしまう。

黒い触手のようなものが腕から飛び出し、周囲の建物をめちゃくちゃに破壊していく中で、行動に出たのがお茶子。怪我も恐れず出久にしがみつくと、「デクくん、落ち着け」と声をかけた。

能力の暴走によって苦しむ出久を前にして、お茶子の脳裏に浮かぶのは〝人を助ける〟ことの難しさ。「必死に困ってる人を助ける彼を見てきたから思う」「ヒーローがつらいとき、誰がヒーローを守ってあげられるだろう」と考えながら、ヒーローである出久を救おうとする。

その後、お茶子は近くにいた心操人使に向かって「デクくん止めてあげて」と要請。心操のもつ「洗脳」の能力によって、出久の暴走はようやく鎮まるのだった。

出久とお茶子の絆に感動の声「ヒロインっぷりが最高」

出久は自己犠牲の精神が強く、つねに身を挺して誰かを守ろうとする性格。ところが今回は、そんな出久をお茶子が救い出すという熱い展開が繰り広げられた。その振る舞いに胸を打たれた視聴者からは、《お茶子ちゃんのヒロインぢからヤバい》《今週はお茶子ちゃんが圧倒的ヒロインだった》《今週のヒロアカ毎日見返してる。ヒーローがつらい時に手を差し伸べるヒロインって構図が最高》《お茶子ちゃんはヒーローも救うヒーローだよ! もうかっこよき!》《今週のヒロアカ、お茶子ちゃんのヒロインっぷりが最高だった…! 助けられるヒロインではなく、助けるヒロイン!》と称賛の声が相次いでいる。

出久とお茶子の関係性が物語の初期から変わっていないのは、ファンなら誰もが知るところ。2人が雄英高校の入学試験に臨んだ際にも、無茶な行動をとった出久をお茶子が自分の個性でサポートする名シーンがあった。

「ワン・フォー・オール」のポテンシャルが明らかとなるにつれ、出久の身体にはますます負担がかかっている模様。今後もお茶子が支えになり、二人三脚で困難を乗り越えていってほしい。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

◆過去のアニメ「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】