アニメ『キングダム』第9話“カリスマ女将軍”媧燐に爆笑「良いキャラしてる」

アニメ『キングダム』第9話“カリスマ女将軍”媧燐に爆笑「良いキャラしてる」

『キングダム』61巻(原泰久/集英社)

5月30日に放送されたアニメ『キングダム』(NHK)の第9話『蒙武の檄』では、函谷関の攻防戦がついに山場へと突入。激しい戦闘の最中、楚国の女将軍・媧燐(かりん)のユニークな一面が明らかとなり、ネット上で大きな反響があがっている。

※アニメ『キングダム』最新話の内容に触れています

秦国と合従軍との戦も、15日目に差し掛かったところ。李牧の号令によって、いよいよ合従軍の兵たちが動き始める。それを受けて、秦の蒙武軍も迎撃を仕掛けることに。蒙武は猪突猛進タイプの将軍だったが、ここにきて〝斜陣がけ〟という高度な戦術を披露する。

その一方、媧燐のもとには副官・バミュウが慌ただしく到着。戦の準備が整ったことを告げられると、媧燐はとある美学を語る。彼女によると、戦の始め方によって「その将が何を大切にしているかが分かる」という。さらに媧燐は、「私の場合は華やかさと恐怖、そしてひと添えのかわいらしさだ」と語り、ポッと頬を赤らめるのだった。

次の瞬間には、媧燐の言う〝かわいらしさ〟を体現した存在が戦場に襲来。それは砂ぼこりをあげて押し寄せる、巨大な象の群れだった。媧燐はその様を見守ると、「戦車じゃないよ、戦象さんだよ。目がかわいい」と満足げに語る…。

未知数のポテンシャルをもつ女将軍

これまで見たことがないタイプの奇妙な将軍に、多くの人が心を動かされているようだ。媧燐の言動に対して、SNSなどでは《「ひと添えのかわいらしさ」の時に、媧燐が頬を赤らめるのが笑ってしまってイカンな》《田中敦子女史の名演もあり、媧燐が想像以上に「ポッ」としててウケた》《ドSで怖い人なのにちょいちょい乙女》《媧燐様、強烈だな》《媧燐ちゃん良いキャラしてるよなwww》などと、さまざまな声があがっている。

媧燐は、第8話で登場したばかりのキャラクター。汗明と並ぶほどの長身だが、それを指摘されると激怒するという難儀な性格の持ち主。その一方で、戦の天才と評されるほどの戦術家という一面も持ち合わせている。CVは『攻殻機動隊』草薙素子役などで知られる田中敦子が担当しており、さながら女傑といった風格だ。

華麗にして豪快なカリスマ将軍は、一体どんな策を秘めているのか。どのように転んでも、戦場がますます盛り上がることは間違いないだろう。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『キングダム』61巻(原泰久/集英社)

◆過去のアニメ「キングダム」レビューはこちら

【あわせて読みたい】