アニメ『不滅のあなたへ』第8話“サイコパス行為”にドン引き「倫理観が狂ってる!」

アニメ『不滅のあなたへ』第8話“サイコパス行為”にドン引き「倫理観が狂ってる!」

『不滅のあなたへ』15巻(大今良時/講談社)

SFファンタジーアニメ『不滅のあなたへ』(NHK Eテレ)の第8話『怪物兄弟』が、5月31日に放送された。仮面の少年・グーグーの身体に仕込まれていた〝秘密〟が明らかになったことで、衝撃を受ける視聴者が続出している。

※アニメ『不滅のあなたへ』最新話の内容に触れています

顔の傷を隠すため、仮面をかぶって生活する少年・グーグー。タクナハの地に辿り着いたフシやピオラン、憧れの女の子・リーンを新たに迎え、穏やかな日常を送っていた。

グーグーに庇われた際、腕に傷を負っていたリーン。その傷を治してあげたいとグーグーから相談された酒爺は、グーグーの体内に管を挿入して酒を汲み上げると、「これを塗ってやれ」と笑って差し出す。酒爺によると、瀕死だったグーグーに手術を行った際、好奇心を抑えられず、体内に「酒を保管するための臓器」を1つ加えていたという。

体内を改造されていたと知り、グーグーは大きなショックを受けることに。失意のなか店を飛び出し、医者に診てもらう費用を稼ぐために街で働き始める。しかしその見た目から迫害され、挙句の果てには見世物として誘拐されかける始末。フシに助けられたグーグーは自らを「怪物」とし、フシと「怪物兄弟」になるのだった…。

まるで人体実験…酒爺の“サイコパス行為”

終始不憫なグーグーが描かれたエピソードだったが、中でも注目を浴びたのは酒爺によるサイコパス行為。前回放送の第7話では、手術後のグーグーが「身体が重い」「腹が出てる…」と違和感を覚える描写があったが、原因は酒爺が行った人体実験によるものだったらしい。

ネット上では、酒爺の非人道的な手術に対して《酒爺、ただのサイコパスじゃねーか》《瀕死の子どもの腹に酒仕込むってどういうこと… 衝撃的なほどのサイコパス》《人体実験さらっとかましてくる恐怖…》《じじいのマッドサイエンティストっぷりがやばい》《異常すぎるだろこのじいさん! とんだ非道!! 倫理観が狂ってる!!》と、ドン引きする視聴者の声が続出している。

以前より、犯罪まがいの行為をしている「奇人」と噂されていた酒爺だが、顔面が潰れた瀕死のグーグーを助け、恋のアドバイスをする優しさも見せていた。しかし、グーグーへの非人道的な行いを「好奇心の追求」と純粋に言ってのける姿はまさしくサイコパスそのもの。子どもの体をもてあそぶかのような行為なので、嫌悪感を抱かれてしまうのも当然だろう。

アイデンティティの悩みを突き抜けて、自らを「怪物」と自称するようになったグーグー。今後、彼は人並みの幸せをつかむことができるのだろうか。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『不滅のあなたへ』15巻(大今良時/講談社)

◆過去のアニメ「不滅のあなたへ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】