『ウマ娘』新イベントにも批判! エンジョイユーザー切り捨てに拍車?

『ウマ娘』新イベントにも批判! エンジョイユーザー切り捨てに拍車?

『ウマ娘』新イベントにも批判! エンジョイユーザー切り捨てに拍車? (C)PIXTA

初の本格的なPvPイベント『タウラス杯』が開催され、大きな盛り上がりを見せた『ウマ娘 プリティーダービー』。そのほとぼりも冷めやらぬ中、6月中旬から新イベント『ジェミニ杯』が開催されると明らかとなった。しかし、大会の条件が無課金・微課金のエンジョイユーザーにとって「敷居が高すぎる」として、物議を醸している。

「ジェミニ杯」は前回同様、プレイヤー同士が同じ条件のレースを競い合うPvPイベント。問題は、そのレースの舞台が「京都競馬場」の芝3200mに設定されていることにある。この距離は「天皇賞(春)」と同じであり、G1レースにおける最長距離だ。並大抵のウマ娘では勝負にならない、過酷なコースだと言えるだろう。

「タウラス杯」の芝2400mと比べて膨大なスタミナが求められるため、難易度が大幅に上昇していることは間違いない。そのためネット上では、《前回ですら勝負にならなかったのに、ジェミニ杯の条件は恐ろしすぎる》《ボコボコにされるとモチベーションが下がるんだよな…》《SR完凸させないと強いウマ娘作れないのつらい… ジェミニ杯もたぶん無理》《長距離育成はしない。もういい。つらい。ジェミニ杯も適当にする》などと疲労感をにじませる人が続出している。

敷居が高すぎる「スタミナ」の仕様

「ウマ娘」において、スタミナの重要性はかねてより主張されてきた。ゲームの仕様上、どれだけスピードのステータスを盛ろうと、スタミナが尽きれば大幅に失速してしまうからだ。3200mという超長距離の場合、膨大なスタミナが求められる上、他プレイヤーによる〝デバフ〟に万全に備えるなら、数値をカンストさせるべきだとも言われていた。

また、長距離を走りきるにはステータスだけでなく、スタミナを回復するスキルの有無も関わってくる。その中でも強力な効果を有するものは「金スキル」と呼ばれ、入手が難しいSSR のサポートカードでしか取得できない。今回のイベントではSSR スーパークリークがもつ「円弧のマエストロ」や、SSRウオッカがもつ「好転一息」などの金スキルが有効となってくるようだ。プレイヤーたちは金スキルを複数個積みつつ、スタミナのステータスを盛ることで、初めて土俵に立てる。

しかもそれは出発点に過ぎず、スピードやパワーなどの基礎ステータスや、勝負を優位に持っていく別のスキルの有無も問われることに。非常に高い敷居での勝負が予想されるため、相当な課金者しかまともな勝負ができない〝魔境〟となるだろう。

エンジョイユーザーが戦々恐々としている「ジェミニ杯」だが、ガチンコ勝負こそが競馬の華。ストレスにならない範囲で、上級者たちに挑んでみるのも一興かもしれない。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Koldunova / PIXTA

【あわせて読みたい】