『バクマン』のメインヒロインといえば? ジャンプ漫画の「人気脇役ヒロイン」3選

国民的人気漫画でも女同士の争いが!?

<その3>『こちら葛飾区亀有公園前派出所』擬宝珠纏
最後に取り上げるのは、誰もがご存知『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場する女性キャラ。同作のヒロインといえば、セレブでセクシーな完ぺき人間、秋本・カトリーヌ・麗子をイメージする人が多いのではないだろうか。だが作品の途中で、思わぬサブキャラの存在感が増していく。

その人物こそ、両津勘吉と濃密な関係を築いた擬宝珠纏(ぎぼしまとい)だ。彼女が強烈にフィーチャーされたのは、単行本118巻~127巻でのこと。纏は両津と似たような感覚の江戸っ子であり、境遇や価値観が近しいことから急接近。120巻に収録された『両さんのミレニアム婚!!』では結婚寸前までいたるが、いとこ同士という関係が発覚し、お流れになる。

しかし、両津が初めて明確に好意を寄せる描写があったことからも、読者は纏を意識せざるを得なかった。高嶺の花である麗子より、「こち亀」の人情にぴったりな纏が人気を獲得したことも納得がいく。誰もが認めるお似合いの2人だと言えるだろう。

連載開始時点で主役や脇役などと決めてあっても、物語の流れや読者の反応でポジションが変わるのが漫画の面白いところ。もし今後サブヒロインを好きになったら、人気投票などの際に積極的にアピールしてみてはいかがだろうか。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Koldunova / PIXTA

【あわせて読みたい】