『ONE PIECE』1016話ヤマトが“10人目の仲間”に確定!? 大胆宣言が波紋…

『ONE PIECE』1016話ヤマトが“10人目の仲間”に確定!? 大胆宣言が波紋…

『ONE PIECE』99巻(尾田栄一郎/集英社)

尾田栄一郎の手がける大人気冒険漫画『ONE PIECE』の第1016話『お玉でやんす!!』が、6月14日発売の『週刊少年ジャンプ』28号に掲載された。その中で「麦わらの一味」の新たなメンバーに関するフラグが立ったのだが、読者の間で大きな波紋を呼んでいる。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

最新話では、ナミとウソップを中心としたエピソードが描かれることに。2人はお玉を連れ、ビッグ・マムのもとを命からがら逃げだしたばかり。しかしバオファンの近くまでやってきたところで、「百獣海賊団」の飛び六胞・うるティが猛スピードで襲来。ウソップが一瞬にしてやられてしまう。

うるティは恐るべき耐久力を誇る「リュウリュウの実」の能力者。だが、ビッグ・マムとの戦いなどでダメージが蓄積していたようだ。ナミはゼウスと一体化した天候棒(クリマ・タクト)​を操り、ついにうるティの撃破に成功する。

その一方、ルフィとの一騎打ちに勝利したカイドウの前に、たった1人でヤマトが登場。ヤマトはカイドウの子どもだが、容赦なく彼を「ワノ国」から叩き出すことを宣言する。それに対してカイドウも手加減する気はないようで、最強の「人獣型」で対峙するのだった。

「麦わらの一味」最後の1人が確定?

今回とくに注目を集めているのは、ヤマトがカイドウの前で放った「ルフィと一緒に海へ出る」というセリフだ。読者の間で、「麦わらの一味」の仲間は最終的に10人となることが予想されてきた。現在はジンベエの加入によって9人に到達しているため、最後の1人が一体誰になるのか…と考察されている。そのため、ヤマトのセリフを加入フラグとして受け止める人が多かったのだろう。

ヤマトは最近登場したばかりのキャラだが、今年5月の『第1回ONE PIECEキャラクター世界人気投票』で11位に輝いたほどの人気っぷり。仲間入りを期待していた人も多かったようで、ネット上では《ヤマトの宣言がアツい!》《ほんとに仲間になりそうで嬉しい。拒否っても船にしがみつきそう》《本当に仲間になった時を考えるとワクワクする!》《これでヤマト仲間入りしなかったらSBSに苦情送るわ》といった声が続出している。

とはいえ、「麦わらの一味」メンバーの座はラスト1枠。ヤマトの加入を快く思わない読者からは、《ヤマトは好きだけど麦わらの一味には違う気がする…》《世界の全てが書いた本を読んでしまったヤマトには、正直仲間になって欲しくないです》《個人的にヤマト仲間は反対派。ぽっと出だしビビの方がいい》などと懸念する声が上がっている。

ちなみに今までの「麦わらの一味」メンバーは、ほとんどがルフィから勧誘を行っていた。ヤマトは自分から声をかけたため、仲間にならないと考えることもできるかもしれない…。今後のストーリーを予想しつつ、ひとまずはヤマトとカイドウとの親子対決を見守ろう。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』99巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】