アニメ『ポケモン』70話モルペコとヨクバリスの“醜い争い”にドン引き「害獣すぎw」

アニメ『ポケモン』70話モルペコとヨクバリスの“醜い争い”にドン引き「害獣すぎw」

アニメ『ポケモン』70話モルペコとヨクバリスの“醜い争い”にドン引き「害獣すぎw」 (C)PIXTA

6月11日の『ポケットモンスター』(テレビ東京系)では、ロケット団のアジトに住み着いた食いしん坊ポケモン・モルペコをめぐるエピソードが放送された。その中でモルペコが繰り広げた〝浅ましい戦い〟に、視聴者から爆笑の声があがっている。

※アニメ『ポケットモンスター』最新話の内容に触れています

第70話『おねがい!モルペコゲットして!!』は、ロケット団の食料がなくなってしまうシーンから始まる。食料を盗み食いしていたのは、アジトに住み着いている野生のモルペコ。異常な食欲に振り回されたロケット団は、迷惑なポケモンを野生に返すことを決心する…。

計画はなかなかうまくいかないが、やがてモルペコは道端に停まっていたトラックの荷台に潜入。そのまま眠りにつき、サトシとその仲間・ゴウのもとに到着する。そしてモルペコは目を覚ました瞬間、サトシたちが手持ちポケモンのために用意した食料を猛スピードで食い漁るのだった。

全員が呆気にとられる中、ゴウの手持ちポケモン・ヨクバリスがモルペコに対抗し、負けじと食欲を爆発させる。さらに2体が同じ食料に手を伸ばすと、争いは激しさの頂点に。仲介に入ったサトシは圧倒され、ゴウも「すごい迫力…」と息を飲んでしまう。

過去にも繰り広げられた醜い争い…

欲望に突き動かされたヨクバリスとモルペコの姿に、ネット上では《ヨクバリスとモルペコのあさましい戦いw》《モルペコとヨクバリスが喧嘩してるのめちゃくちゃ面白い》《モルペコとヨクバリスの組み合わせとか笑うしかないじゃないですかー!》《モルペコもヨクバリスも害獣すぎるなw カビゴンより意味不明な胃袋してる》といった反響が続出。

また、《ヨクバリスVSモルペコとか最悪の対戦カードだよ。食料不足の原因になるからさっさと駆除したほうがいいよ》《ヨクバリスにモルペコ…ガラル界のクソ野郎が揃ってしまった》とドン引きしてしまった視聴者もいるようだ。

余談だが、この2体は昨年11月に放送された第47話『ポケモンチャンピオン!大食い王決定戦!!』でも食をめぐるバトルを繰り広げていた。ゴウとホシガリス(ヨクバリスの進化前)と、ロケット団のモルペコが「ポケモン大食い大会」に出場するというエピソードなのだが、勝ち残った2体は決勝戦で雌雄を決することに。空腹が満たされたモルペコを尻目にホシガリスは食べ続け、最後にはヨクバリスに進化。見事勝利を収めるのだった。

視聴者から害獣扱いされてしまうほどの食欲を見せつけた、モルペコとヨクバリス。今後も2体の仁義なき戦いに期待したい。

文=猿田虫彦

【画像】

gladkov / PIXTA

【あわせて読みたい】