『呪術廻戦』152話で禪院“ドブカス”直哉に衝撃の結末… 今後は呪霊として活躍?

『呪術廻戦』152話で禪院“ドブカス”直哉に衝撃の結末… 今後は呪霊として活躍?

『呪術廻戦』16巻(芥見下々/集英社)

芥見下々による人気漫画『呪術廻戦』の最新話が、6月14日発売の『週刊少年ジャンプ』28号に掲載された。禪院真希と死闘を繰り広げた禪院直哉の最期が描かれたのだが、読者の間ではとある考察が広がっているようだ。

※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています

第152話『葦を啣む-跋-』は、真希が実の母に詰め寄っていくシーンからスタート。なにやら不穏なやり取りが描かれた後、別の場所にいた直哉へと視点が切り替わる。直哉は真希との戦いで瀕死の重傷を負っており、這いつくばりながら室内へと入り込んだ。

その次の瞬間、背後から包丁を持った真希の母が登場。彼女は真希によって首を切られたようで、重傷を負っているように見える。しかし最後の力を振り絞るように、直哉に襲い掛かっていく。抵抗しようとした直哉だったが、重傷のためか呪力が練れず、結局トドメを刺されてしまう。

そのころ真希は、真依の遺体とともに禪院家を脱出。真依を西宮桃に預け、その日不在だった禪院家の残党を狩りつくすのだった。

“ドブカス”がトレンド入り!? 直哉の最期に反響多数

直哉はこれまで、「三歩後ろ歩かれへん女は背中刺されて死んだらええ」などと女性蔑視発言を繰り返してきたことでお馴染み。だが皮肉にも、最後は見下していた女性相手に背中を刺されて殺されるという結末を迎えることとなった。

また今際の言葉が「ドブカス…がぁ!!」だったことも大きな反響を呼んでおり、ツイッターでは一時〝ドブカス〟がトレンド入りを果たすことに。読者からは、《直哉くんが背中刺されてドブカスになったので最初から最後まで100点でした》《最後の輝きでドブカスをトレンド入りさせる直哉くん、流石のガッツ過ぎるやろ》《どう見ても絶体絶命の状況であっても最後の最後までブレない諦めないドブカス根性是非これからの人生見習っていきたい》と、その見事な最期を称える声が相次いでいる。

その一方で、「見下していた相手に殺される」という屈辱を受けた直哉が呪霊化してしまうのでは…というウワサもあるようだ。同作の呪霊は、負の感情や人間そのものが呪いと化して生まれるもの。また、「呪術師を殺す時は、死後呪いに転じないよう呪力で殺す」というルールが存在する。直哉はこのルールを外れて非呪術師に殺されてしまったため、たしかに呪霊化する可能性は十分あるだろう。

短期間の登場ながらも多くのファンを沸かせ、強烈なインパクトを残した直哉。もし再登場したら盛り上がること間違いなしだ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『呪術廻戦』16巻(芥見下々/集英社)

◆過去の「呪術廻戦」レビューはこちら

【あわせて読みたい】