『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』に大コケ確実!?「絶対クソゲー」「水増しの呼吸」

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』に大コケ確実!?「絶対クソゲー」「水増しの呼吸」

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』に大コケ確実!?「絶対クソゲー」「水増しの呼吸」 (C)PIXTA

2021年に発売予定とされている『鬼滅の刃』の格闘ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』。6月14日、同作の〝バーサスモード〟に参戦するキャラクターの情報が出揃ったのだが、そのラインナップが《シュールすぎる》とネット上で波紋を呼んでいる。

参戦することが明かされたのは、公式スピンオフ『中高一貫!! キメツ学園物語』バージョンの我妻善逸・嘴平伊之助・胡蝶しのぶ。これまで明かされていたキャラと合わせて、総勢18キャラによる対戦格闘ゲームを楽しめるという。主人公の竈門炭治郎はもちろん、大ヒット中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』でメインを務める煉獄杏寿郎なども揃っており、ファンにはたまらない仕上がりとなりそうだ。

気になるのは、煉獄と激闘を繰り広げた「猗窩座」をはじめとした鬼が1人も登場していない点。その一方で炭治郎が3つのバージョンで登場する他、ほとんどモブキャラに近い鬼殺隊の「村田」が名前を連ねている。おそらく制作サイドの判断で、TVアニメや「無限列車編」までのキャラしか参戦できないという事情があるのだろう。

こうした仕様に落胆したファンは多いようで、ネット上では《推しが出ないかもしれない事を知り絶望してる…》《キメ学での水増しひどすぎて草》《なんで同じゲームに炭治郎3人もおるん笑》《コンパチ6キャラで水の呼吸8キャラとか絶対クソゲーやん》などと大騒ぎに。さらには「水の呼吸」を扱うキャラが多数揃っていることから、《これが水増しの呼吸か…》と皮肉を効かせた意見もあがっている。

「ジャンプ」作品に通じる“水増し”の伝統

全18キャラの内、3キャラ分を炭治郎が占めるのはたしかに違和感がある。しかし、『週刊少年ジャンプ』のゲーム化では、こうした水増しは珍しいことではない。

たとえば2018年に発売された『ドラゴンボール ファイターズ』では、「超サイヤ人」状態を1キャラとカウントするなど、強化状態別に孫悟空が存在する。挙句の果てに、有料ダウンロードコンテンツでも追加が行われ、5キャラ分の悟空が登場することとなった。ちなみに2007年に発売された『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』はそれよりも多く、10種類以上の悟空が登場することで知られている。

昨今のゲーム業界では、発売後のダウンロードコンテンツ商法で課金を要求するサービスが横行しがち。「ヒノカミ血風譚」でも、新キャラが次々と追加されていく可能性は否めない。この先、心と一緒にファンの財布が燃えてしまわないか心配だ。

文=大上賢一

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】