『鋼の錬金術師』作者が中国で大炎上!『ヒロアカ』に続いてチャイナリスクの被害に…

『鋼の錬金術師』作者が中国で大炎上!『ヒロアカ』に続いてチャイナリスクの被害に…

『鋼の錬金術師』作者が中国で大炎上!『ヒロアカ』に続いてチャイナリスクの被害に… (C)PIXTA

6月9日、人気漫画家・荒川弘の短編連作集『RAIDEN-18』が発売された。しかし同書に収録された〝とあるシーン〟が、中国のネットユーザーから激しい反感を買うことに。現在この話題でネットの一部が大荒れしており、なぜか過去作の『鋼の錬金術師』が炎上する…という事態に発展しているようだ。

「RAIDEN-18」は死体愛好家のタチバナ博士と、死体をつなぎ合わせて造られた人造人間・雷電18号を中心に展開するコメディー作品。今回問題になってしまったのは、中国の初代最高指導者・毛沢東のような見た目をしたフランケンシュタインが登場する場面だ。作中では毛沢東と明言されていないものの、「日本人の毛沢東(けざわひがし)」という思わせぶりな説明が行われていた。

日本人からすれば何気ないギャグシーンだが、これが一部の中国人の逆鱗に触れてしまった様子。ツイッター上ではハッシュタグ「#荒川弘」が過激なネットユーザーたちによって荒らされており、その矛先は荒川の代表作である「鋼の錬金術師」にも向かっている。

ハッシュタグを見てみると《大変失望です、さよなら》《荒川氏と編集部は、今すぐ謝罪と釈明を中国語と日本語でするべきだ》《漫画を書くのは政治をうまく巻き込んでいるので、頭が少し病んでいるのではないか》《私はメイ・チャンが好きですがあなたは嫌いです》などの否定的なコメントや、さらに激しい誹謗中傷が相次いでいた。

なお、炎上が過熱している原因としては、荒川の問題発言が発掘されたことも大きい。荒川はインタビューにて、〝あの国〟で「鋼の錬金術師」の海賊版が出ていることを苦々しく思っていたことを告白。「RAIDEN-18」には、海賊版を出せない漫画を描こうという意図が含まれていたらしい。この発言により、中国ネットユーザーとの敵対構造が生まれてしまったのだ。

いつ“チャイナボカン”が発生するかわからない?

中国関連の炎上騒動は荒川だけではなく、2020年には『週刊少年ジャンプ』の『僕のヒーローアカデミア』も猛バッシングに巻き込まれた。その理由は、敵キャラクター・志賀丸太の名前が、第二次世界大戦期に人体実験を行っていた研究機関「731部隊」を連想させるというもの。マルタという単語が人体実験の被験者を示す隠語だとして、改名を求める動きが巻き起こったのだ。

もちろん作者サイドにそのような意図はなかったはずだが、騒動を受けて作者・堀越耕平と集英社は謝罪文を発表。問題のキャラ名は、殻木球大へと変更されることに。しかし中国読者の怒りは収まらず、動画配信サイト『bilibili』から「僕のヒーローアカデミア」が削除される事態となってしまった。

現在の漫画・アニメブームが、アジア圏を含む海外のファンに支えられていることは確か。しかし、ここまでくると炎上の火種がどこに潜んでいるか分からず、配慮するのは難しいだろう。作家の自由を守るため、出版社には賢明な対応をとってほしい。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】