藤本タツキ新作『ルックバック』に抗議殺到!? 果たして「心を傷つける作品」だったのか

藤本タツキ新作『ルックバック』に抗議殺到!? 果たして「心を傷つける作品」だったのか

藤本タツキ新作『ルックバック』に抗議殺到!? 果たして「心を傷つける作品」だったのか (C)PIXTA

7月19日に『ジャンプ+』にて公開された、『チェンソーマン』の作者・藤本タツキによる新作読み切り『ルックバック』。世界中から絶賛の声が相次いでおり、すでに400万PVを超えるほどの人気を博しているが、センシティブな内容が含まれることから一部では抗議の声もあがっている。

※『ルックバック』の内容に触れています

同作は、漫画に魅せられた藤野と京本というキャラクターを軸とした物語。143ページにわたって、「漫画を描くこと」をめぐる真摯な問いかけが描き出されている。「チェンソーマン」と同じく、意外性のあるストーリー展開やリアルな心情描写なども見どころだ。

そこで物議を醸しているのは、まず第一に「京都アニメーション放火殺人事件」を想起させる内容があった点。直接言及されているわけではないが、公開日が事件発生日と1日違いであることからも、この事件が題材の1つとなっているのは確かだろう。

しかし同事件が発生したのは2019年7月18日であり、わずか2年前のこと。そのため作品に触れることで凄惨な事件の記憶がよみがえり、傷つく人がいるのではないか…と懸念する人もいるようだ。ネット上では《追悼の意も分かるから、きちんとはじめにテロに対するコメントと注意書きは欲しかった。何のためにこの時期に公開してるのか》《傷が癒えてない人達が心の準備してから読めるように記載して欲しかった》《最初にそうとわかるよう注意書きなり但し書きなりをつけておかないと非常によろしくないと思いましたよ》など、事前に注意喚起すべきという意見があがっている。

とはいえ、フィクションが暗黙のうちに実在の事件を扱うことは珍しくない。たとえば「東日本大震災」を題材としたと思われる作品としては、『シン・ゴジラ』や『君の名は。』といった映画が有名。またオウム真理教の「地下鉄サリン事件」をモチーフとするアニメ『輪るピングドラム』なども存在するが、これらはとくに注意書きなどを設けていない。

もちろん事件発生から時間が経っておらず、その扱い方が直接的であるという点は留意すべきだろう。しかし実際に作品に触れて傷ついた人ならともかく、第三者が「傷つく人がいるかもしれない」と抗議を行うのは果たして正しいのだろうか?

また、同作において事件の名前が直接出てくるわけではなく、あくまでクリエイターが突き当たる〝運命〟のメタファーとなっている。ショックを受ける人はいるかもしれないが、それはこの作品が向き合おうとしている主題の重さと通じるところだ。きわめて繊細な問題であり、「配慮すべき」というルールを押し付けて済ませることもまた暴力的と言えるだろう。