過激配信者が“差別発言”で大炎上! 加藤純一ファンは擁護するも…

過激配信者が“差別発言”で大炎上! 加藤純一ファンは擁護するも…

過激配信者が“差別発言”で大炎上! 加藤純一ファンは擁護するも… (C)PIXTA

『東京2020オリンピック・パラリンピック』開会式の関係者が立て続けに炎上する中、負の連鎖は思いも寄らない場所へ波及しているようだ。現在ネット上では、人気配信者の〝うんこちゃん〟こと加藤純一の発言をめぐって激しい議論が巻き起こっている。

加藤は10年以上にわたって活動してきたベテラン配信者。パッションを全面に押し出したゲーム実況や、コンプライアンスを気にしない過激なトークで多くの視聴者を獲得してきた。YouTubeの生配信では同時接続数10万人を度々叩き出しており、今や日本トップクラスの配信者と言っても過言ではないだろう。

だが、今回はそんな加藤の歯に衣着せぬ物言いが仇となってしまったようだ。炎上の火種となったのは、2019年に開催されたトークイベント『くっちゃべ』での発言。同イベント内で、加藤は障がい者の視聴者を集めて合コンさせたいと切り出し、「右手がない人と左手がない人を会わせてお前ら運命じゃんみたいな」「とんでもない化け物生まれたら超おもろいじゃん」などと、障がい者差別と受け取られるような発言を行っていた。

この発言が明るみになると、加藤が出演予定だったファッションイベント『KANSAI COLLECTION 2021A/W』の運営が出演を見合わせると発表。コナミデジタルエンタテインメントは過去に加藤が出演した『遊戯王OCGチャンネル』の動画などを非公開にした。現在は障がい者差別だけでなく、女性差別や黒人差別発言なども掘り起こされ、収拾がつかない状態となっている。

過去の問題発言がまとめられたことで、ネット上では《加藤純一さんの差別発言酷いな。こういう過激な発言が子どもにウケてるんだな》《ちょっと発言確認しただけで気持ち悪くなった。これ文脈どうこうの問題じゃなくない…?》《過去に黒人差別、女性差別してたから表に出るのは一生無理だと思うよ》といった声が飛び交っている状況だ。

謝罪に対しても反発… 過激な発言を求めるファンたち

そんな中、加藤は7月20日に『おい!!! ふざけるな!!! 放送!』と題したライブ配信を実行。「障がい者合コン」の件は発言を文脈から切り取った「偏向報道」であるとして、徹底的に抗議する姿勢を見せていた。しかしその翌日、ミュージシャンのオーイシマサヨシと共にMCを務める『オーイシ加藤のピザラジオ』では、一転して過去の発言を謝罪している。

とはいえ加藤は、もともとアングラの象徴ともいえる『ニコニコ生放送』出身の配信者。同サイトではこれまで、過激な配信によって逮捕者が出たこともある。現在でも加藤のファン層はそうした過激なノリを求めており、炎上騒動に関しても《企業はこういう奴だと認知した上で声をかけるべき。それで加藤純一が炎上するのはおかしいよ》《加藤純一の障害者差別炎上、今更感あるし平等に接してると思うだけどなぁ》と擁護の声があがっていた。

ちなみに『オーイシ加藤のピザラジオ』では、加藤が視聴者に向かって「社会問題になるような差別用語を、聞きたいですか? 僕から」と尋ねる場面も。そこでは当然否定的な空気になるかと思いきや、《ぶっちゃけ聞きたい》《おもろいから聞きたい》《それが加藤純一の持ち味じゃないのか》といったコメントがあふれかえることに。

もし本人が表舞台に出るためにスタンスを変えようとしても、視聴者の態度はそう簡単には変わらないだろう。メジャーでの活躍をとるか、アングラのノリをとるか、加藤は大きな岐路に立たされているのかもしれない。

文=大上賢一

【画像】

Oleg Iandubaev / PIXTA

【あわせて読みたい】