アニメ『キングダム』15話“最強の武将”王翦がついに活躍!「めちゃくちゃ鳥肌」

アニメ『キングダム』15話“最強の武将”王翦がついに活躍!「めちゃくちゃ鳥肌」

『キングダム』62巻(原泰久/集英社)

春秋戦国時代の中国を舞台としたアニメ『キングダム』(NHK)の第15話『函谷関の裏』が、7月25日深夜に放送された。作中ではついに秦国の大将軍・王翦(おうせん)が動き出し、その活躍に度肝を抜かれる視聴者が続出している。

※アニメ『キングダム』最新話の内容に触れています

蒙武(もうぶ)が楚軍総大将・汗明(かんめい)を打倒したことで、苦境に立たされていた「函谷関(かんこくかん)」の防衛軍も活気を取り戻す。しかしそこに楚将・媧燐(かりん)が仕向けた軍が奇襲をしかけ、「函谷関」防衛軍はふたたび窮地に。絶体絶命と思われたその時、山肌から〝秦〟と〝王〟の旗を掲げた王翦率いる軍が颯爽と姿を現した。

敵を薙ぎ払いながら、「函谷関」への道を切り開いていく王翦軍。攻め込まれていた入口や周囲の敵を難なく突破し、見事にピンチを救ってみせる。秦軍の兵たちは、圧倒的な強さを見せつけた王翦軍の勇姿に思わず涙。また秦国の大将軍・蒙驁(もうごう)もガッツポーズを決め、戦況を知った媧燐は悔しさで顔をゆがめるのだった…。

“最強キャラ”というウワサもある漢・王翦

今期では初となる王翦軍の活躍に、視聴者たちは大興奮。ネット上では《函谷関のシーンの王翦将軍がカッコよすぎ》《王翦将軍が来るとこほんと胸熱。王の旗が見える演出はマジで鳥肌もの》《王翦が援軍で現れるところ、アニメで観ると数倍かっこよすぎて10回は観てる》《めちゃくちゃ鳥肌なとこやんか…! これだから王翦はいいんだよなぁ… マジしびれる》《一枚上手の黒仮面さん!》などと歓声が巻き起こっている。

王翦は秦国を代表する武将の1人であり、六大将軍に匹敵する強さをもつ人物。知略に秀でており、「〝絶対に勝つ戦〟以外興味はない」という主義をもつ。今回の戦では「函谷関」の脇にある山岳部で燕軍総大将・オルドと対峙していたが、地の利があるオルドが優位だと知り、撤退して行方をくらませることに。敵前逃亡のように見える一幕だったが、その後の奇襲を見据えた上での行動だったらしい。まさに知将らしい活躍だと言えるだろう。

媧燐の鼻を明かした王翦だが、合従軍サイドには李牧という知の権化が控えている。さまざまな策略が入り組んだ戦場にて、次はどんな展開が待ち受けているのだろうか。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『キングダム』62巻(原泰久/集英社)

◆過去のアニメ「キングダム」レビューはこちら

【あわせて読みたい】