『ウマ娘』新セクシー衣装に賛否…“水着”でレース場を駆けまわるのはアリ?

『ウマ娘』新セクシー衣装に賛否…“水着”でレース場を駆けまわるのはアリ?

『ウマ娘』新セクシー衣装に賛否…“水着”でレース場を駆けまわるのはアリ? (C)PIXTA

7月29日、人気育成ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』にて、水着衣装のキャラクターが実装された。待望の悩殺コスチュームに喜びの声をあげるファンがいる一方、《水着でレースをするのか…》と困惑してしまう人も少なくないようだ。

「ウマ娘」を知らない競馬ファンからすると戸惑う字面かもしれないが、今回実装されたのはスペシャルウィークとマルゼンスキーの水着衣装。スペシャルウィークの水着が元気いっぱいなオレンジ色のビキニなのに対し、マルゼンスキーは大人っぽい印象を受ける黒の水着となっている。ちなみにスペシャルウィークとマルゼンスキーは、実際の競走馬だと孫と祖父の関係だ。

夏に水着衣装が実装されるのは、ソーシャルゲーム界隈ではすでに〝お約束〟となっているので、「ウマ娘」に関しても以前から予想されていたことではあった。しかし、いざ本当に水着で走るウマ娘たちの姿を見せつけられると、《どのゲームも水着キャラって多少浮いちゃうけど、ウマ娘はとくに浮いてるな》《どういう経緯で水着でレースに出ようってことになるんだろう…》《他のウマ娘は勝負服で走ってるのに、1人だけ水着で走ってるのちょっと面白い》《冷静に考えたら水着で走るってやばくね?》《水着風の勝負服じゃなくてまんま水着なんだな》と違和感を抱くユーザーが多いようだった。

競馬モチーフ無視の衣装は本当に求められてる?

とはいえ、6月に実装されて物議を醸した〝花嫁衣装〟に比べると、まだレースをしていて違和感のない衣装のようにも思える。というのも布面積が少ない分、機能的な印象があるからだ。実際にユーザーからも、《花嫁衣装とかに比べたら走りやすそうじゃね?》《走りにくそうな衣装に比べたら自然なのかもしれない》といった声が。ただし上げ底のサンダルっぽい靴を履いているので、機能性はむしろマイナスという説もある。

ちなみに最近の「ウマ娘」は、異世界転生イベントストーリーが絶望的につまらなかったり、新育成シナリオが一向に追加されなかったり、毎月行われていたイベント「レジェンドレース」の不定期化が発表されたり、何かと批判されることが多くなった。

そんな中で「競馬」というモチーフを無視した衣装を追加し続けるのが、吉と出るか凶と出るかは微妙なところ。というのも実際の競馬へのリスペクトに溢れたアニメやゲーム内のストーリーが評価されたからこそ、「ウマ娘」はここまでの人気コンテンツに発展してきたからだ。

現状は『株式会社サイバーエージェント』の第3四半期決算が営業利益171%増を叩き出すほどに稼いでいる「ウマ娘」だが、いつまでこの人気を維持できるかはわからない。ゲームはともかく「ウマ娘」というコンテンツ自体は素晴らしいので、長続きしてほしいものだが…。

文=大上賢一

【画像】

Beton Studio / PIXTA

【あわせて読みたい】