アニメ『ドラゴンボール改』17話クリリンが天才すぎる! 脳筋作品を支える貴重なブレーン

アニメ『ドラゴンボール改』17話クリリンが天才すぎる! 脳筋作品を支える貴重なブレーン

アニメ『ドラゴンボール改』17話クリリンが天才すぎる! 脳筋作品を支える貴重なブレーン (C)PIXTA

大人気アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)の第17話『激戦の夜明け… 希望の星はピッコロの故郷』が、7月27日深夜に再放送された。作中ではクリリンの頭脳派な一面が明らかとなり、視聴者から感嘆の声があがっている。

※アニメ『ドラゴンボール改』最新話の内容に触れています

地球に襲来したサイヤ人の生き残り、ベジータとナッパを見事討伐した悟空たち。しかし、そのために払った犠牲も多く、生き残ったのは悟空、クリリン、悟飯、ヤジロベーの4人だけだった。

ベジータが去った後、亀仙人たちの乗った飛行艇が到着。そこで、ピッコロが死んだことによって「ドラゴンボール」も消滅したことが発覚する。つまり死者たちを生き返らせる術がなくなってしまったのだ。

悲しみに包まれる一行だったが、そこでクリリンから冴えた提案が。ベジータから聞いた話から推測し、ピッコロがナメック星人であること、ナメック星で強力な玉を作れる可能性があることを語る──。

わずかなヒントから希望を導き出したクリリンの知性に、視聴者たちは《クリリンってほんと普段からよく考えてるよな。マジで冴えてる》《クリリンはめっちゃ仕事できるな!》《ブルマもだけど、クリリンが戦闘面以外で有能すぎ》《クリリンは優秀な人材》《よく冷静に聞いてたね。クリリン、結構賢いな》といった声が続出している。

脳筋集団の中で唯一の知的キャラ?

クリリンは元から知能戦を得意とする、作中トップクラスの頭脳派キャラとして有名。過去に「第22回 天下一武道会」に出場した際には、餃子(チャオズ)との戦闘で頭脳明晰な一面を見せていた。餃子は超能力を使用した戦闘を得意としており、クリリンは彼の能力に悪戦苦闘。しかし、超能力を使うには両手を使う必要があることを看破し、その指で「足し算」を行わせるという奇策によって撃破したのだ。

また、クリリンの頭脳は戦闘時においても発揮される。他のキャラクターたちが脳死でまっすぐに飛ぶエネルギー波を撃っている中で、「拡散エネルギー波」や「気円斬」といったテクニカルな技を操るのはクリリンならでは。持ち前の知恵で技を昇華させていると言えるだろう。

さすが人類の中で最強と呼ばれた男。クリリンの存在があるおかげで、「ドラゴンボール」は脳筋作品にならずに済んでいるのかもしれない。

文=猿田虫彦

【画像】

Artmim / PIXTA

◆過去のアニメ「ドラゴンボール改」レビューはこちら

【あわせて読みたい】