アニメ『ポケモン』75話サトシとヒカリが9年ぶりに再会! 恋心をニオわせるシーンも…?

アニメ『ポケモン』75話サトシとヒカリが9年ぶりに再会! 恋心をニオわせるシーンも…?

アニメ『ポケモン』75話サトシとヒカリが9年ぶりに再会! 恋心をニオわせるシーンも…? (C)PIXTA

7月30日のアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系)では、前回に引き続き夏のスペシャルエピソードを放送。サトシと「ダイヤモンド・パール編」の人気ヒロイン・ヒカリが約9年ぶりの再会を果たし、ネット上で大きな話題を呼んでいる。

※アニメ『ポケットモンスター』最新話の内容に触れています

第75話『クレセリア 真夏の夜の光』は、シンオウ地方を旅しているヒカリとコハルが、傷だらけのクレセリアを手当てするシーンから開幕。手当てが終わって眠りについたところ、2人はクレセリアとダークライが出会う不思議な夢を見る。

その後、まるで夢が予言だったかのように、ヒカリたちの前にダークライが登場。ダークライを追っていたサトシたちも姿を現し、久しぶりの再会をなつかしむ。そしてクレセリアとダークライをロケット団から守るため、以前のように共闘を繰り広げるのだった──。

ヒカリとサトシの微笑ましいやり取りがてんこ盛りの回となったが、とある点に不満をぶつける声も。かつて「ダイパ」では、ハイタッチによってお互いの絆を確かめるのがお決まりだった。しかし今回はせっかくの再会にもかかわらず、2人は一度もハイタッチしていない。

ヒカリとサトシのハイタッチを求めていたファンは多かったようで、《再会シーンにハイタッチは絶対欲しかった》《サトシとヒカリあっさり終わったな…ハイタッチ期待してた》《ハイタッチしてくれればファンは満足するのに、なんでそれだけのことができないの…》といった悲しみの声が続出している。

ヒカリとサトシのやり取りに胸キュン!

とはいえ、ハイタッチがなかったからといってヒカリとサトシの描写が薄いとは言いきれない。物語の終盤では、さらに濃厚なボディータッチが描かれていたからだ。

問題のシーンは、ロケット団をめぐる騒動が解決した後に描かれた。サトシたちはビーチで波とたわむれていたのだが、ゴウが水を浴びせようとしたところ、ヒカリがサトシを盾に。その際、サトシの背中に両手でしっかり触れている。

ヒカリのボディータッチを目撃した視聴者からは、《水遊びのシーン、サトシとヒカリの距離感最高だった。これはサトヒカ》《しれっとボディタッチしてて流石ヒカリですわ》《サトシとヒカリ結局ハイタッチしてなかったけどさ、よく見ろよほら…タッチしてるやん!》《ヒカリはサトシを仲間として以上に好きだったんだな》といった反響が続出。一部では、ヒカリがサトシに恋心を抱いているのではないか… と深読みするファンも現れている。

ちなみにスペシャルエピソードは夏だけで終わらず、冬にもふたたび放送されるとのこと。シンオウ地方の伝説ポケモンがメインになるそうなので、ヒカリの再登場にも期待できるだろう。次はどんな触れ合いが描かれるのか、今から楽しみだ。

文=猿田虫彦

【画像】

Benzoix / PIXTA

◆過去のアニメ「ポケモン」レビューはこちら

【あわせて読みたい】