アニメ『不滅のあなたへ』16話アニオリのパロナ回想シーンが悲惨すぎる…「吐き気こらえた」

アニメ『不滅のあなたへ』16話アニオリのパロナ回想シーンが悲惨すぎる…「吐き気こらえた」

『不滅のあなたへ』15巻(大今良時/講談社)

大人気SFファンタジーアニメ『不滅のあなたへ』(NHK Eテレ)の第16話『子どもたちの夢』が、8月2日に放送された。劇中にて「ニナンナ編」の人気キャラ・パロナをめぐる衝撃的なワンシーンが描き出され、ネット上でさまざまな反響があがっている。

※アニメ『不滅のあなたへ』最新話の内容に触れています

突如現れたノッカーとの激闘を繰り広げ、なんとか勝利を収めたフシ。そこでトナリやジャナンダ島民と協力したことで、彼らの間に仲間意識のようなものが芽生える。フシは子どもたちと食事を共にし、それぞれの夢を打ち明けるのだった。

その後、フシはついに島からの脱出をかけて闘技場の決勝戦に挑む。しかしそこに現れたのは、かつてマーチを殺めた危険人物・ハヤセだった。フシは殺意を剥き出しに襲い掛かるものの、ハヤセの圧倒的な戦闘能力の前に敗北してしまう…。

戦闘中には、ハヤセがパロナの最期について明かすシーンも。パロナはマーチの代わりに村で幸せに暮らすはずだったが、ハヤセは家族もろとも彼女を殺害。画面には血まみれの床にパロナの首が落ちるところも描き出された。

アニメによって初めて描かれた残虐シーン

今回、回想シーンの中ではパロナの死が克明に描き出されたが、これは原作にはないアニメオリジナルの演出だった。あまりに残酷な描写に、《せめてパロナには幸せになって欲しかった… こんな酷いことある?》《今週の不滅アニメ、パロナのとこ原作より詳細に描かれててエグイ…》《パロナがなんで死んじゃったのか知ったけど、胸糞悪すぎた》と胸を痛める視聴者が続出。またパロナ役の声優・内田彩も、ツイッター上で複雑な心中を明かしていた。

また、マーチに続きパロナまでも手にかけたハヤセに対して、憤りを隠せない人も。SNS上では《パロナの死に方見たらもうハヤセ許せる要素なくなった》《ハヤセの諸々残虐外道すぎてちょっと吐き気こらえた。あの女気持ち悪すぎる…》《原作にもなかった凄惨な光景…。絶対に許せない! ハヤセ!》といった反響が相次いでいる。

ハヤセは一体どんな思惑があり、フシに執着するのか。そしてフシはそんな彼女とどのように向き合うのか…。物語の謎はふくらむばかりだ。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『不滅のあなたへ』15巻(大今良時/講談社)

◆過去のアニメ「不滅のあなたへ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】