『呪術廻戦』154話“男の娘”登場に歓喜の声! 秤金次との関係性は…?

『呪術廻戦』154話“男の娘”登場に歓喜の声! 秤金次との関係性は…?

『呪術廻戦』16巻(芥見下々/集英社)

大人気ダークファンタジー漫画『呪術廻戦』の最新話が、8月10日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37号に掲載された。前回、秤金次の相棒として星綺羅羅という新キャラクターが登場したが、その秘密が明かされたことで読者が大混乱に陥っている。

※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています

第154話『潜入』では、秤が主催する「ガチンコファイトクラブトーナメント」で虎杖悠仁が難なく優勝。その実力を買った秤は、虎杖と直接会う機会を設けた。そこで伏黒恵とパンダは、2人の接触時間を少しでも長くするべく、ひそかに秤のアジト制圧へと動き出す。

しかしそこで、予想外のアクシデントが。秤と一緒にいるはずの綺羅羅が、警備として外を歩き回っていたのだ。伏黒とパンダの姿を見た綺羅羅は、虎杖を含む3人が「呪術高専」の関係者であることを把握。すぐさま秤に真実を知らせようとする。そこで伏黒とパンダは制止を試みるが、綺羅羅は磁石のような反発・引力を操る術式で対抗するのだった。

緊張感のある展開が繰り広げられた今回のエピソードだが、とくに読者を驚愕させたのは綺羅羅の性別が明かされるシーン。パンダの口から、「男だよ」と断言されていたのだ。

星綺羅羅にまさかの事実が判明…?

綺羅羅はメッシュの入ったロングヘアと、肩やお腹を露出したファッションが特徴的なキャラクター。いかにもギャルといった風貌で、多くの読者が女性キャラだと思い込んでいたようだ。今回発覚した新事実に、ネット上では《女子じゃないのかよ!》《綺羅羅ちゃんって…おと…え?(混乱)》《かわいい。男の娘なのがさらに良い》《呪術廻戦にも男の娘が出てくれてホクホクな私》《お前男かよ! 最高だなあ!!》などと多種多様な反応があがっている。

その一方、綺羅羅に関しては依然として謎めいた部分も。前回、胸の谷間のようなラインが描かれたコマがあった上、今回も胸のふくらみがあるように見えるからだ。ミステリアスな描写をめぐって、《明らかな胸の谷間はどう説明すんの!?》《綺羅羅ちゃん、先週胸あった…よね…夢?》《鍛えぬかれた大胸筋…ってコト!?》《身体的性が男性っていうには綺羅羅の体型だと胸に詰め物しないと難しいレベルであるんだよな》と困惑している人も少なくない。

また、秤とは恋人同士のような雰囲気を漂わせていたが、実際の関係性が気になるところ。元カノの話を嫌がったり、熱くなる秤を見てうれしそうにするなど、少なくとも綺羅羅には秤への好意がありそうだが…。綺羅羅の素性は、メインストーリーよりも読者の注目を集めるかもしれない。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『呪術廻戦』16巻(芥見下々/集英社)

◆過去の「呪術廻戦」レビューはこちら

【あわせて読みたい】