ジャンプ史上もっとも危険!? 有名作家や編集者を巻き込んだ悪ノリ漫画『幕張』

ジャンプ史上もっとも危険!? 有名作家や編集者を巻き込んだ悪ノリ漫画『幕張』

ジャンプ史上もっとも危険!? 有名作家や編集者を巻き込んだ悪ノリ漫画『幕張』 (C)PIXTA

『週刊少年ジャンプ』は、さまざまなギャグ漫画を生み出してきたが、近頃掲載されているのは清潔で安全な作品ばかり。かつては品がなく、危険すぎるギャグ漫画こそが人気を博していた印象がある。その代表格と言えるのが、1996年から1997年にかけて連載された『幕張』だ。

同作の作者は、現在『週刊ヤングマガジン』で異色の格闘漫画『喧嘩稼業』を連載している木多康昭。「幕張」は初の連載作品だったが、その頃から過激な作風は一切ブレていない。少年誌とは思えない生々しい下ネタや、悪意を感じるような「ジャンプ」作品のパロディーなど、自由すぎる展開が繰り広げられた。

「幕張」の設定は、「幕張南高校」の野球部に所属する塩田鉄人を主人公として、友人の奈良重雄やマネージャーの桜井美保などと青春の日々を送る…というもの。しかし実際にはメインストーリーはあってないようなもので、作品と一切関係ない芸能ネタを描くことも。タレントのヒロミを「寒む」と揶揄したネタは有名だが、クレームを受けたのか単行本では別のネタに差し替えられている。

「ジャンプ」関係者たちもターゲットに

その毒牙はもちろん芸能人以外にも向けられた。『とっても!ラッキーマン』のガモウひろし、『みどりのマキバオー』のつの丸、『世紀末リーダー伝たけし!』の島袋光年といった「ジャンプ」作家たちをイジり尽くしたのだ。作品のパロディーならまだしも、作家イジリというタブーを突破したギャグ漫画は「幕張」くらいだろう。

その最大の被害者となったのは、『花さか天使テンテンくん』の小栗かずまた。「吉六会」というグループに小栗をモデルとした人物が登場したのだが、作中では「小栗かずまた本人」と断定されていた。さらに別のキャラと全裸で映り込み、尻をおさえながら泣いているシーンがあったのだが、さすがに悪質すぎるため小栗が抗議の電話を行ったという。

また、「吉六会」には矢禿康介や鬼瓶久吉といったジャンプ編集者を思わせるキャラも。鬼瓶に関しては妻以外の女性と付き合っていたことや、自分が担当している女性作家に手を出したという情報が明かされ、当然ながら大いに物議を醸した。ちなみにモデルとなった編集者たちはその後、「ジャンプ」本誌や『ジャンプスクエア』の編集長にまで大出世している。

過激すぎる作風が合わなかったのか、「幕張」の連載終了後に木多は集英社を離れた。しかしそれからも冨樫義博や秋本治といったジャンプ作家へのイジリは止まらず、危険な道を歩み続けている。もはやその足跡は、漫画史に残る偉業とすら言えるだろう…。

文=大上賢一

【画像】

Koldunov / PIXTA

【あわせて読みたい】