人気声優・茅原実里が完全引退!? 重すぎる“6年不倫”の代償

人気声優・茅原実里が完全引退!? 重すぎる“6年不倫”の代償

人気声優・茅原実里が完全引退!? 重すぎる“6年不倫”の代償 (C)PIXTA

TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の長門有希役で知られる人気声優・茅原実里が、12月26日に「ラストライブ」を開催することを発表。昨年から不倫騒動が取り沙汰されていたこともあり、ネット上では「声優を引退するのではないか」というウワサも囁かれているようだ。

茅原の不倫騒動が報じられたのは、昨年5月に発売された週刊誌『FLASH』でのこと。お相手はライブのサポートメンバーも務めていたヴァイオリニスト・室屋光一郎氏で、6年にわたって交際していたという。室屋氏は妻帯者にもかかわらず、茅原と同棲していた時期があったことも明かされている。

この報道を受けて、茅原は公式ブログを更新。《その内容はほぼ事実です》と認め、ファンや関係者に対して深い謝罪の念を綴っている。そして今年4月には、年内で歌手活動を休止することを発表した。

一連の動きを不倫騒動と結びつけ、声優業界から去っていくことを予想する人も多いようだ。ネット上では《6年不倫の代償は大きかったな》《あれだけの不倫を報道されちゃったら仕方ないかもだけど…。ハルヒ時代から追ってた身としては少し寂しい》《不倫からあの釈明では既存のファンでももう無理だろ》といった声が飛び交っている。

なぜか不倫が許されてきた男性声優たち

茅原の他にも、これまで数々の声優が不倫を暴かれてきた。とくに男性声優は精力旺盛なタイプが多く、洋画の吹き替えや『Persona4 the ANIMATION』の鳴上悠役などで知られる浪川大輔も2017年に不倫騒動が話題に。既婚者でありながら、自身が経営する個人事務所の契約社員と長年不倫関係にあったという。

また、『僕のヒーローアカデミア』の爆豪勝己役で知られる岡本信彦も昨年に不倫が報じられたばかり。アイドル声優の大亀あすかと結婚していながら、別の女性声優とホテルから出てくるところを激写されている。

そうした女性関係のトラブルが頻発しながらも、ほとんどの男性声優たちはノーダメージと言わんばかりに活動を継続している模様。女性声優にとって不倫報道は致命傷となるが、男性声優の場合には何だかんだ言ってファンに許される印象だ。

不倫を行えば傷つく相手が必ずいるものであり、罪の重さは変わらない。昨今のアニメ人気によって、声優も週刊誌のターゲットになっているようだ。

文=大上賢一

【画像】

MillaF / PIXTA

【あわせて読みたい】