アニメ『不滅のあなたへ』17話 NHKの“攻めた表現”に驚愕「放送して大丈夫なの?」

アニメ『不滅のあなたへ』17話 NHKの“攻めた表現”に驚愕「放送して大丈夫なの?」

『不滅のあなたへ』15巻(大今良時/講談社)

大人気SFファンタジーアニメ『不滅のあなたへ』(NHK Eテレ)の第17話『先覚者』が、8月9日に放送された。フシに異常な執着心を見せるハヤセの行動をめぐって、ドン引きの声が続出しているようだ。

※アニメ『不滅のあなたへ』最新話の内容に触れています

圧倒的な戦闘力でフシをねじ伏せ、闘技場の優勝者となったハヤセ。今度はフシを自らの手中に納めるべく、ジャナンダの島民たちに「フシを守ろう」と提案してみせた。さらにハヤセはフシが島民の運命を変える存在だと騙り、自分に従えば生活を保証すると言う。

そしてハヤセは、優勝者の権利をトナリに譲渡すると宣言。これにより、トナリは島中から命を狙われることになってしまう。闘技場中が喧騒に包まれる中、ハヤセは戦闘中に眠らせたフシを寝室へ連れ去っていった。

その一方、フシは夢の中で敗北したことを嘆く。すると酒爺、リーン、シンが現れ、フシを励ましてみせる。しかし次の瞬間、夢の中に突然ハヤセが現れ、顔を舐め回されることに。これは現実世界とリンクした出来事であり、ハヤセは全裸でフシにまたがって「もうすぐ…もうすぐです…」と妖しげにつぶやいていた…。

ハヤセの異常な愛情

第14話でも、ハヤセは森で1人眠るフシに迫って顔を舐めていた。今回は夢に出てきた挙げ句、現実世界でも全裸になってフシの寝込みを襲っており、まさしく常軌を逸した行動と言うにふさわしい。

常人には理解しがたいハヤセの行動に、視聴者の間では《ほんとにほんとにハヤセが気持ち悪い。回を増すごとに嫌悪感増す》《うああぁ…ハヤセ気持ち悪いいぃ…》《ハヤセ気持ち悪いなぁ。どこから歪んでしまったんだろ…》《とりあえずハヤセがキモすぎて引く。なんなのこの人》といった悲鳴が飛び交っている。

その一方で、NHKらしからぬ女性の裸が描写されたことに驚いた人も。ネット上では《ハヤセがエグかった…これNHKで放送して大丈夫なんですか?》《ハヤセのシーンは大分攻めたなぁ。NHKなのに笑》《NHK的にこのシーンはカットか謎の光が入るだろうなと思ったら、原作どおりに裸だったなぁ》などと、大きな話題を呼んでいた。

ハヤセの異常性を損なわないよう、原作が忠実に再現された今回の「不滅のあなたへ」。NHKの勇気ある判断を称賛したい。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『不滅のあなたへ』15巻(大今良時/講談社)

◆過去のアニメ「不滅のあなたへ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】